ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃!

ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃!

作者名 :
通常価格 942円 (857円+税)
紙の本 [参考] 1,026円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2013年、日本政府は、米大統領とある密約を結んだ。膨張政策を加速する中国を抑えるため、アジア地域の包囲網政策であった。それは日米が共同でロシア、ASEAN諸国、インド、EUを取り込む形で、経済と軍事の両面で習体制を抑え込むプランである。

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
歴史群像新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2013年07月05日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    日本政府が(米政府もかませて)退役護衛艦を中国と南沙で対峙しているASEANに『貸与』して・・・という話なのだが読み切りでは無くて次巻に続くで終わっていたのは意外だった。あと、前提として尖閣で日中が衝突した前提になっているのだが、それはどの本だ?(そして、高貫氏の現代物なので、情勢分析からありえる/...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃! のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃!
    2013年、日本政府は、米大統領とある密約を結んだ。膨張政策を加速する中国を抑えるため、アジア地域の包囲網政策であった。それは日米が共同でロシア、ASEAN諸国、インド、EUを取り込む形で、経済と軍事の両面で習体制を抑え込むプランである。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ASEAN連合艦隊2 中国艦隊殲滅作戦
    中国の中南海指導部は、ベトナムを叩くべく、トンキン湾に高速ミサイル艇30隻を侵入させる。これを知ったASEAN連合艦隊は、艦載ヘリの空対艦ミサイルで邀撃し、殲滅。そしてロシア、タイ、インドを加え包囲網を敷き、中国南海艦隊との決戦が始まった!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ASEAN連合艦隊 南シナ海傭兵艦出撃! に関連する特集・キャンペーン