なにわ春風堂〈3〉炎をこえて生きてゆけ
  • 最新刊

なにわ春風堂〈3〉炎をこえて生きてゆけ

作者名 :
通常価格 629円 (572円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奉行所の元与力、大塩平八郎。寺子屋「春風堂」の明庵先生の、先生だ。生活に苦しむ人たちを救おうと手をつくしたが、お上に歯向かって、とうとう立ちあがった。大砲のたまが飛びかうなか、大塩のもとにかけつける明庵先生。そのあとを追う幸太郎たち。炎が立ちのぼる大坂の町。はたして、その結末は…。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
くもん出版
ページ数
174ページ
電子版発売日
2013年11月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

なにわ春風堂〈3〉炎をこえて生きてゆけ のユーザーレビュー

レビューがありません。

なにわ春風堂 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • なにわ春風堂〈1〉なぞの金まき男
    およそ200年前。江戸時代の大坂にあった、寺子屋の「春風堂」。子どもたちは文字の読み書きや計算、生活に必要な知識などを学んでいた。そこに通う幸太郎、お恵、俊輔、そしてお由美の仲よし四人組が大坂の町で、なぞやふしぎに満ちたできごとに、次つぎと巻きこまれていく。さてさてどのように切りぬけていくのか…。
  • なにわ春風堂〈2〉首だけのお化けが笑う
    寺子屋「春風堂」の明庵先生はたくさんの知識と切れる頭の持ち主。寺子屋で学ぶ子どもたちを時には助け、時にはきびしくしかり、時にはともになみだを流す。幸太郎たち仲よし四人組も心強い味方と、心からしたっている。ところが、どうやら前はさむらいだったらしいのだ…。
  • なにわ春風堂〈3〉炎をこえて生きてゆけ
    奉行所の元与力、大塩平八郎。寺子屋「春風堂」の明庵先生の、先生だ。生活に苦しむ人たちを救おうと手をつくしたが、お上に歯向かって、とうとう立ちあがった。大砲のたまが飛びかうなか、大塩のもとにかけつける明庵先生。そのあとを追う幸太郎たち。炎が立ちのぼる大坂の町。はたして、その結末は…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています