中小企業支援のため、理不尽な国税当局と闘った一税理士を支えたのは「一円の取りすぎた税金もなく、一円の取り足らざる税金も無からしむべし」の信念だった。国を相手に一歩も譲らなかった男を描く実名長編!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年06月10日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

不撓不屈

Posted by ブクログ 2014年06月16日

経営基盤が脆弱な中小企業を支援するため、税理士・飯塚毅が編み出した「別段賞与」の手法が税務当局を刺激した。脱税指導だとして糾弾する国税局を相手に、納得のいかない飯塚は正面から闘いを挑む。訴訟が泥沼化する中で彼を支えたのは、家族や心の師の存在だった。「一円の取りすぎた税金もなく、一円の取り足らざる税金...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

不撓不屈

Posted by ブクログ 2013年09月02日

全部が本当かどうかわからないけど、実名で有名政治家やら大蔵官僚やら出てきて丁々発止のストーリー展開に、どきどきしながら一気に読めました。実名じゃなかったら途中だれちゃうかな?と思わなくもなかったけど、そこは(ほぼ)ノンフィクションの強みなのかも。

このレビューは参考になりましたか?

不撓不屈

Posted by ブクログ 2013年07月27日

いるんですね、こういう人。

飯塚事件。知らなかった。
そしてTKCという会社も知らなかった。

まだまだ勉強不足ですなー。

題材はいいのだが、小説としてはページ数の割には同じような内容の繰り返しで、退屈であった。

このレビューは参考になりましたか?