ジャーナリズム崩壊
  • 値引き

ジャーナリズム崩壊

作者名 :
値引き価格 464円 (422円+税) 3月4日まで
通常価格 773円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本の新聞・テレビ記者たちが世界中で笑われている。その象徴が日本にしかない「記者クラブ」制度だ。メモを互いに見せ合い同じカンニング記事を書く「メモ合わせ」、担当政治家が出世すれば自分も出世する歪んだ構造、権力におもねり掴んだ事実を報道しない体質。もはや新聞・テレビは権力をチェックする立場と国民に知らせる義務を放棄したも同然である。恐いもの知らずのジャーナリストがエリート意識にこりかたまった大マスコミの真実を明かす、亡国のメディア論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ジャーナリズム崩壊 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月13日

    通信とジャーナリズムの違いを初めて知った。 大手新聞の「わかった」記事など普段あまり気にしていなかった裏側に触れることができた。 新聞リテラシーがぐんと上がった気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月31日

    「日本とアメリカのジャーナリズムの違い」について知らされた本。
    クレジットを必ず記載する、色がついている、訂正記事・検証記事を載せるというようなアメリカの新聞には憧れさえ感じた。
    それと比べ、気の合う仲間以外は排除して足並みをそろえる記者クラブはいかがなものか…と思ったが、日本人が歴史的に集団主義、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月20日

    「記者といえどもしょせんは会社員なのです。冒険する必要はまったくありません」(231頁より引用)

    「第四の権力」として、三権(立法、行政、司法)の監視役としての役割を期待されるジャーナリズム。それは日本でも当然…だろうか?あなたは「記者クラブ」という言葉を聞いたことはあるだろうか?

    日・米でジャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月13日

    この本を2008年(平成20年)に書いていたってのが、すごいな。信用はしてなかったけど、崩壊していくとは予測できなかった。
    books224

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月12日

    日本の記者クラブ制度。

    この人がいなければ、そうそうと暴かれる事はなかったであろうと思う。この本を読む事によって、その点の理解ができるようになると思う。

    もちろん、これは超オススメ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    新聞報道に疑いを持つようになった出来事があって以来、新聞をあまり信用していなかったのだけれど、本書を読んで、つくづく、ああ、そうか、打合せとすり合わせと仲間意識という日本企業まるだしの体制で記事が作られているからそういうことになるんだなあと思った。「反権力」「権力のチェック機能としてのジャーナリズム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    内容的には、「記者クラブ崩壊」とかぶるところがあり、それについてのコメントは省略。

    それよりも、僕にとって面白かったのは、ニューヨークタイムズの哲学。

    世界はやっぱりすごいというか。
    もっと、あるべき論に基づいていると言うか。

    僕ももっと高みを目指したいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月20日

    日本のジャーナリズムの質の悪さや問題点を見事に伝えてくれます。新聞、記者クラブ、NHKなどについて、その性質や政治との関わりがわかりやすく伝わってきます。

    確かに新聞記事を読んだり、報道内容を見て「何その表現?」と思うことがあったのですが、そういうことなのかと妙に納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月20日

    ラジオでたびたび 上杉さんの声を 聞く 
    その快活な声 快闊な言葉
    そして本に出会い 手にとってみた 見た 視た
    議員秘書をしたことがあり、
    ニューヨークタイムズで働いていたことがあり
    現在フリーランスジャーナリストである著者が
    日本の新聞記者を バッサバッサと!
    2011.4

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月22日

    メディア(自分としてはテレビを媒体にしたものを想定していましたが)に対する批判的な書籍を探していたときに見つけた本です。
    まさかメディアの一端を担う方の本だとは思いませんでしたが。

    筆者の話の焦点は分かりやすく、日本に深く根付いた「記者クラブ」という存在に対する批判に尽きます。
    どうしても一般人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています