オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説

オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

インターネット報道番組「ニューズ・オプエド」は、マスメディアが恣意的に伝えない重大な事件を日々報道、ユーザー数は増え続け、現在30万人(2017年11月時点)の視聴者を有する。オプエドとは「ニューヨーク・タイムズ」が導入した、同じ新聞内で社外の識者らを起用し社説とは反対の意見を掲載する手法。
ゲストコメンテーターは、話題の渦中にいる政治家を始め、事件の当事者や評論家、作家、文化人、タレントらが次々登場。思想や政党の垣根を超え、考え方を異にする人たちが大手マスコミが取り上げない様々な出来事の真相を語り、それに対しての反論があればすぐにスタジオに呼ぶ。政治の裏側・実態を熟知しジャーナリストとしても活躍してきた番組のプロデューサー・上杉隆が、執念の取材活動の舞台裏を明かす。
日本で唯一当選直後のトランプ米大統領と安倍首相のゴルフ場での会談を独占取材したスクープ映像は、全米4大ネットワークであるFOXやアルジャジーラなど世界を駆け巡った。報道後進国に成り下がった日本のメディアの現状に風穴を開ける「ニューズ・オプエド」の記録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2017年11月16日
紙の本の発売
2017年11月
サイズ(目安)
2MB

オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月20日

    「ろくに調べずに書く」のではなく、「全く取材せずに書く」のが日本のマスコミの常識であること。

    とんでもないことが、当たり前になっていることを、上杉さんはずっと説明しています。

    ニュース、話題の解説を、テレビでできるように仕上げるのが池上彰さんであるとしたら、ニュースを作る仕組み自体を解説し、それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月14日

    ジャーナリズムの5大原則として挙げられている
    1.バイライン(署名)
    2.ソース(情報源)
    3.クレジット(引用・参照元)
    4.コレクション(訂正欄)
    5.オプエド(反対意見)
    ホント日本に欠けてるな、って思う。
    人にはそれぞれの見方があるのに、メディアが「これは正しい情報です」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています