元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術

元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

親しみや信頼は意識的に作り出せる。 誰もがあなたを信じてしまう「17のミッション」&「情報員マニュアル」



ドイツ連邦情報局に勤務する敏腕スパイ・スカウターのレオ・マルティン。

彼の手にかかるとどんな人でも心から彼を信用し、彼のためなら味方すら裏切るようになる。

どのような卓越した「技術」で人の心をつかむのか?

これは犯罪組織の解明だけでなく、職場やプライベートでも応用できる「人の心をつかむ技術」である。

ドイツで2011年3月発売。

3ヶ月で実売部数3万部を突破!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
CCCメディアハウス
シリーズ
元ドイツ情報局員が明かすシリーズ
ページ数
316ページ
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年09月18日

    元ドイツ情報局調査員の筆者が他人に信頼されるようにするまでの行為・思考法を筆者自身の経験を交えて解説した本。人に信頼されるようにするためには必ず相手の良い点を見出すこと等至極当然のことではあるが実践するとなると中々難しいものが重要であるということが理解出来た。流石、元情報局員だなと思えるような内容で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月09日

    第一章について
    ・自分の思考に注意すること。相手に抱いているネガティブな気持ちはいくら外見(言葉や態度)で繕っても隠すことが出来ない。まずは、どんな相手でも良い面、褒められるべき面を見つけること。

    ・感情をコントロールし、平静さを保つためには、何を個人的に受け止め、何を個人的に受け止めないか(こっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月29日

    新しい人間関係を作り、維持する技術や思考がまとめられている。
    分かりやすく、実際の例を元に話を進めていくので、読みやすい。
    要点を要所要所でまとめているのも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月18日

    元ドイツの連邦情報局で諜報機関で犯罪組織の情報収集をしていた人のアドバイスする、よりよい人間関係を構築するための本。

    この本の読み方には、たぶん二通りあると思います。

    一つは、自分の人間関係の構築のために役立てる読み方。
    そして、もう一つは、実際の諜報活動の緻密かつスリリングな詳細を知っていろい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月27日

    元ドイツの情報局にいて対象とする犯罪組織内の情報提供者を育成(?)していた人の話。
    魅力的になり、良く聞いて、少しは自分のことを話す。
    魅力的になるには目標を立てて少しずつ成長していく。
    人に対しては良い面を見て、悪口を言わず、誠意を持って接し、約束は守る。聞いたことは覚えておいて、再開のときに話題...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月04日

    元ドイツ諜報局員が、どのうようにして目的と信頼を構築し、情報を引き出すかといった事がストーリー仕立てで書いてある。ラストは映画のワンシーンのような爽快さがある。

    しかし、うーん。なんだか不思議だが、ごくあたりまえの事が書いてあるにも関わらず、何だか心のあり様が変わった。まずは自分が人を好きになる事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    元ドイツ情報局員が自身の体験をもとに、どのように良好な人間関係を構築するかを語った一冊。

    著者がどのように犯罪組織の中に情報提供者を獲得したのかが実際のエピソードを交えて描かれており、巷の心理学本よりずっと説得力がある。

    結局のところ、小手先の心理学的な技術などより、相手に対していかに誠実である...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    犯罪組織の一人を協力者にする経緯と共に、人との関係を作る技術を説明していく。面白い。
    基本は、誠実に、嘘をつかず、約束を守る。相手の良い所を見つけてそこを本当に尊敬し、口に出して褒める。どの人とも分け隔てなく接し、対応を変えない。自分の考えだけが正しいわけでない事を認識して人と接する事。

    ・自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月20日

    自分のことを言うことで、仲を深める。
    相手のことを言わないことで、信頼を得る。
    その信頼を強固のものとするために、小さな約束でも必ず守る。

    些細なことだけど、少し意識することで、かけがえのない絆を手にすることができることを説いている本。

    何度も読んで、自分の中に落とし込んでいきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】
    ・まずは20分ほどで流し読み。今の漂着の状況とあいまって、目的意識がハッキリしているので可能だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています