「レオ・マルティン」おすすめ作品一覧

【レオ・マルティン】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:レオ・マルティン(レオマルティン)
  • 生年月日:1976年

『元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術』などの作品を手がける。ドイツで2011年に発売され、3ヶ月で実売部数3万部を突破した。

作品一覧

2016/10/27更新

ユーザーレビュー

  • 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術
    第一章について
    ・自分の思考に注意すること。相手に抱いているネガティブな気持ちはいくら外見(言葉や態度)で繕っても隠すことが出来ない。まずは、どんな相手でも良い面、褒められるべき面を見つけること。

    ・感情をコントロールし、平静さを保つためには、何を個人的に受け止め、何を個人的に受け止めないか(こっ...続きを読む
  • 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術
    新しい人間関係を作り、維持する技術や思考がまとめられている。
    分かりやすく、実際の例を元に話を進めていくので、読みやすい。
    要点を要所要所でまとめているのも良い。
  • 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術
    元ドイツの連邦情報局で諜報機関で犯罪組織の情報収集をしていた人のアドバイスする、よりよい人間関係を構築するための本。

    この本の読み方には、たぶん二通りあると思います。

    一つは、自分の人間関係の構築のために役立てる読み方。
    そして、もう一つは、実際の諜報活動の緻密かつスリリングな詳細を知っていろい...続きを読む
  • 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術
    元ドイツの情報局にいて対象とする犯罪組織内の情報提供者を育成(?)していた人の話。
    魅力的になり、良く聞いて、少しは自分のことを話す。
    魅力的になるには目標を立てて少しずつ成長していく。
    人に対しては良い面を見て、悪口を言わず、誠意を持って接し、約束は守る。聞いたことは覚えておいて、再開のときに話題...続きを読む
  • 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術
    元ドイツ情報局員が、犯罪組織から情報を提供してもらうV人材(情報提供者)に接触し、信頼を得て、情報を聞き出すまでの実例を挙げながら、そのノウハウを伝授する。スパイ養成講座の看板ではあるが、実際には人とのコミュニケーションの取り方のコツ、ポジティブな思考法をもとに、成功体験をいかに積み上げるかといった...続きを読む