おりょう 龍馬の愛した女

おりょう 龍馬の愛した女

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

時代の波に翻弄されながら、国事に奔走する龍馬の帰りをひたすら待ち続けるおりょう。寺田屋では捕吏に追われる夫を命がけで守り、鹿児島では我が国初の新婚旅行も体験した。あるときは愛の喜びにふるえ、あるときは嫉妬の炎を燃やす。時代のしがらみの中で、自由に、奔放に、そしていちずに愛に生きた女――幕末の風雲児・坂本龍馬の妻おりょうの、波乱の生涯を描く力作長編小説。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

おりょう 龍馬の愛した女 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    坂本龍馬が愛した女性おりょうの一生の話。
    ずっと探していた本だけにすぐ読んじゃいました。
    苦労と人を愛するこの時代の人の心が、泣けます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月23日

    坂本龍馬の妻であったおりょうの視点で書かれた歴史小説である。おりょうの前半生を中心に書かれている。それよりも長い後半生は、気になるところではあるが、解説に書かれていたおりょうにも子どもがいた事実には驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHP文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング