出光佐三 反骨の言魂(ことだま) 日本人としての誇りを貫いた男の生涯

出光佐三 反骨の言魂(ことだま) 日本人としての誇りを貫いた男の生涯

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大正の初め、関門海峡で、「海賊」と呼ばれる男がいた。「海に下関とか門司とかの線でも引いてあるのか」と言い放ち、燃料油を売りまくった。数年後、男は満州に乗り込み、メジャー石油会社と闘い、潤滑油納入を勝ち取る。そして英国がイランと国交断絶し、ペルシャ湾に英国海軍が待ち受ける中、大海へと乗り出した。戦後日本人が意気消沈する中、米英を欺き、国家官僚に逆らい日章丸をイランに派遣した出光。海賊といわれた男の半生を活写し、その熱き言葉を披瀝する。「イラン石油に輸入は堂々天下の公道を闊歩するもので、天下に何ひとつはばかることもない。ただ敗戦の傷の癒えぬ日本は正義の主張さえ遠慮がちであるが、いま言った理由から、日本国民として俯仰天地に愧じざることを誓うものである」。出光は乗組員に堂々と胸を張れと励ました。財務諸表よりも社員を大切にした勝負師の半生を活写し、その熱き言葉を披瀝する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

出光佐三 反骨の言魂(ことだま) 日本人としての誇りを貫いた男の生涯 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月07日

    百田尚樹の海賊とよばれた男で出光佐三を知った。シンプルにカッコ良いと思い、もっと知りたいと思って手に取った本。その期待は全く裏切られない。何故カッコ良いのか。自らの私利私欲よりも、成し遂げようとする大義に生きる姿勢、強者に巻かれない強さがあるからだ。その実力と徹底した姿勢が人を惹きつける。読めば読む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月29日

    読み終わるのが惜しいくらいの本だった。運というのは実力が伴わなければそれに気づかずやり過ごしてしまうものなんだなと教えられた。運が味方してくれるとき、それは自分がそれだけものごとに向かいあって努力した結果なんだろう。自分もそうあるように努力したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    「海賊とよばれた男」で出光佐三に興味を持ち、あわせて読んでみました。
    万感胸に迫るものがあります。
    限られた字数で感想を纏めることができません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月15日

    海賊と呼ばれた男に続き出光佐三の物語は実に爽快だった。今回惹かれのは、晩年鈴木大拙に自信の経営がこれで良かったのか尋ねるくだりは、ある一面を垣間見ることが出来た。今の時代失敗を恐れ萎縮している日本経済に歴史から学ぶ一人の偉大な経営者であることは、間違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    20150709
    出光佐三の生涯をその発言録を軸に紐解く書。迫力溢れる言霊が躍動する。「人間をつくることが事業。石油はその手段に過ぎない」と言い切るこの反骨実直男の生き方に共感する。

    ー「士魂商才」

    ー統制を嫌うリベラリズムと強いナショナリズムとは、実は明治生まれの経営者が共通して持っていた精神...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月11日

    海賊と呼ばれた男を読み、実在の出光佐三に興味を持ちこの本を手にした。海賊と・・・は、小説であったためそこまでではないだろうと思ったが、本当にこんな人いたことを知り、何だか楽しくなる。まさに昭和の武士と言える。
    出光佐三もすごいが、彼を見出した日田重太郎の見識と懐の深さには感服した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月29日

    出光のように企業理念が浸透している会社は強い。単に儲けるだけの会社なら社員は本当に一生懸命会社に尽くしはしないだろう。いい仕事をする、とだけ願いながら毎日を過ごしたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

水木楊 のこれもおすすめ