シニアシフトの衝撃

シニアシフトの衝撃

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

シニアビジネス待ったなし!シニアシフトに乗り遅れるな!社会の高齢化が進む限り、シニアシフトの加速化は止まらない。このシニアシフトの流れをうまくビジネスに活かしているだろうか。日本のシニアビジネスの第一人者の著者が、シニアシフトに取り組む際に留意すべき点や事業成功のための勘所を余すところなく伝える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

シニアシフトの衝撃 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年07月18日

    大人用紙おむつが赤ちゃん用の市場を超えつつあるという事実をはじめとして、シニアシフトを感じる身近な事例が豊富にある。しかもどの事例も数字がしっかりと押さえられてるから、説得力もありつっこみようもない。市場規模から一人当たりの消費支出や食費まで、様々な業界に使えそうな数字が満載。
    ストック傾向にあるシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月12日

    ダウンサイジング消費になる。それはライフステージの変化の結果。
    ストックリッチフロープア。
    不安は健康、経済、生きがい。
    スーパーのディズニー、ステューレオナード。
    シニアビジネスは他の国で高齢化を迎えた時に使えるので、グローバルのライフサイクルビジネスになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月08日

    シニアシニアと考えることが間違いのもとということか。やはりマスという考えではなく、ミクロに一つずつ考えていくしかないな。
    「一見非合理に見えるやり方も、きめ細かく地道にやり続けると、合理的な結果を得られる」
    納得である。
    でもこれは、いわゆるシニアだけに当てはまるわけではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    全体的なシニアマーケットの見立ては腹に落ちました。
    可能性をどう切り出していけるか考える上で、その部分は参考になるかも。
    大家族化の見立ては当てはまるのかは、少々疑問。
    勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    シニア市場は多様なミクロ市場の集合体であり、需要が年齢で一律に決まらないことに注意すること。顧客の不安、不便、不満に市場創造の芽があることはシニア市場も同じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    最終面接で「シニアビジネス」付箋をたくさん貼った本を持参して内定をもらった思い出深い著者の新作。

    2007年にも団塊の世代が60歳を迎えることでシニアビジネス市場の拡大が期待されましたが、一時のブームで盛り上がりませんでした。

    2012年は65歳を迎えるだけではなく、ここ数年のシニア層の消費行動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月11日

    日本の人口構造の変化に伴う消費者(シニア層)の市場動向を分析している。今までのマーケティング戦略では対応が難しい現実を項目ごとに例示している。
    現有製品の応用、新サービスを展開することの重要性から、日本がモデルケースとなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月05日

    高齢化社会とマスコミで言われていても今ひとつピンと来なかったが、この本を読んでどういうビジネススタイルが求められているのか理解出来た。スマートシニアに受け入れられるビジネスを考える為の良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月04日

    既にシニアシフトの潮流はあり、今後は長期継続的に変化していく。新たなアイデアによる新市場の余地は大きい。

    シニアたちが、サービスの受け手としてだけではなく、ある意味、どれだけ作り出していけるか、だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月12日

    高齢社会の消費の担い手は「シニア」なのだ・・ということ。シニアと見られる、位置づけられることを嫌がる世代層。でも身体能力は確実に衰えてくる。鼻に老眼鏡をかけて上目遣いで私を見つめながら説教話をした上司の顔が思い浮かぶ。居酒屋でもメニューを見るのに老眼鏡を取り出す儀式があった。
    そのときは「おじじにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

シニアシフトの衝撃 に関連する特集・キャンペーン