山本耳かき店
  • 完結

山本耳かき店

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 921円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『深夜食堂』の安倍夜郎が描くーー人に耳掃除をしてもらうという、そこはかとなく淫靡で、限りなく官能的な世界。人々は“山本耳かき店”で恍惚とした時間を味わい、その先に……!?安倍夜郎のデビュー作にして、初の連作シリーズが、新たなる描き下ろしを加えて待望の単行本化!ファンならずとも一読の価値あり!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックオリジナル
電子版発売日
2013年05月14日
紙の本の発売
2010年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
28MB

関連タグ:

山本耳かき店 のユーザーレビュー

    購入済み

    耳かきって官能的ですね

    マンタ 2014年09月29日

    うまい人に耳かきしてもらうのっていいよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月15日

    山本耳かき店で、耳かきをしてもらいたい!!読んでいると耳かきしたくなくなりました。耳かき最後の“ふぅ~”が愛しい★

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月01日

    耳かきを生業とする割烹着姿の不思議な女性と、彼女の耳かきによってもたらされるめくるめく官能の世界を描いた作品。ノスタルジックで、素朴で、そしてフェチでエロい…そんな本作は、現在はTVドラマや映画にもなった『深夜食堂』を長期連載中の作者のデビュー作。世にも奇妙なマンガではありますが、耳かきの快感を知る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月17日

    深夜食堂でファンになり、こちらも手に取った。・・・好き!!
    こういうのたまらない。あやしくて甘美で。安倍さんのセンス、文学性を感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月22日

    女性に膝枕してもらう。そして耳かきをしてもらう。

    何と甘美な時間であろうか……

    まさに淫靡、耽溺。

    膝の上でこりこりしてもらう恍惚の時間の最後に、

    耳かきの反対側についているぼんぼんで耳穴をやさしく撫でてもらい、

    「ふっ」と息を吹きかけてもらう。

    官能が全身を駆け抜け、我が精神は何ものか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月04日

    美人のお姉さんが、膝枕で耳かきしてくれるのはいいですね。夢ですね。

    耳かきへの情熱という馬鹿馬鹿しさとどうしようもないリビドーが混在しつつ、ゆるりとした情緒が良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月30日

    深夜食堂といいこの山本耳かき店といいなんていいお店なんだ・・・。


    耳かきをして貰いたくなる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月09日

    耳かきのシーンが官能的でした。読んでいるこちらもモゾモゾしてきます。
    あんな気持ちの良い耳かきがしたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月26日

    はあん、堪らん。エロス!
    清々しい淫靡さと言うか、緩やかな官能と言うか、日だまりの恍惚と言うか。
    深夜食堂よりファンタジー性が高くて、個人的にはこっちのが好み。
    郷愁の眩惑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月05日

    「深夜食堂」の安倍夜郎のデビュー作。表題通り、お姉さんの膝枕で(そこに売ってる)特製耳かきを使って耳かきをしてもらうというお話。と、これだけだとそうは感じないと思いますが、ちょっと大人向けな内容であったりします。ネタばれになるので書きませんが。深夜食堂も、本作も「ああ、こうしてもらいたいなあ」と読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています