社長の器

社長の器

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

兄は多国籍企業の総帥、弟は中小企業の2代目社長。冷徹で攻撃型の兄と柔和で温情型の弟。経営理念も器量も異なる兄弟社長が、ことごとくにぶつかりあう。なぜ、確執を続けるのか。経営とは、かくも厳しいのか。二人の経営者が織りなす凄絶な闘いのドラマを通して、社長の器とは何かを考えさせる経済小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
354ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

社長の器 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月22日

    昭和の話とみせて、内容はさほど古くない。でもこの業界の労使交渉は本当に苛烈だったんだろうな…。。ひとを惹き付ける力はいつの時代も最大の武器。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    実話に基づいているというお話で。
    当時では、かなり衝撃的だったんでしょう・・・

    兄弟でもここまで正反対であるのと仲が悪いのは
    なんでなんだろう?
    兄貴が怖すぎる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月04日

    一気に読める小説。物語は良くできているようで、人物の感情描写は結構表面的かも。その変わり登場人物のプロファイルを同じ表現で何度もするので、どういうキャラクターかは完全に刷り込まれる。暇つぶしにはいいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月07日

    高度経済成長期の日本企業を描いた作品で、非情な経営者の兄・人情肌な経営者の弟。経済成長とともに会社も大きくなる中、会社は誰のものか!?と投げかける内容だと感じる。
    2010年の日本では考えられないほど強力な労組の登場もあり、当時の社会情勢が窺えた。
    いつも高杉作品を読むと仕事への活力が湧いてくる。時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月26日

    恋愛小説として読むと当初はその純愛に感動するが、途中から非常に悲しい気持ちになる。
    企業小説として読むと、ところどころ時が飛んでおり、肩すかしに感じる。

    いずれにせよ、本書自体はミネベアの高橋高見氏への怒りから書かれたと言われているが、特に読者は読んだところむなしい気持ちにしかならないので、もう少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています