尾木ママの「脱いじめ」論 子どもたちを守るために大人に伝えたいこと

尾木ママの「脱いじめ」論 子どもたちを守るために大人に伝えたいこと

作者名 :
通常価格 589円 (536円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

尾木ママとして人気の教育評論家が、“いじめのサインの見抜き方”“先生への相談の仕方”などを、長年の経験に基づきアドバイス。いじめをなくすための愛とロマンの解決策を提案します!いじめ事件がTVで多く取り上げられると、著者のブログには、1週間で220万以上のアクセスがあり、コメント欄には、かつていじめの被害にあった人たちからの声が続々と寄せられました。それだけ多くの人々が、何年もいじめの記憶をひきずり、苦しんでいるのです。長年「弱い子がいじめられる」と言われてきましたが、それは間違いです。今日の被害者が明日の加害者になるなど、誰でも無関係ではいられません。このような事態に、大人たちは、いったいどうすれば子どもたちを守ることができるのでしょうか。子どもたちの姿は、社会の縮図です。今、私たちができることとは? 子どもを持つ親や学校の先生だけでなく、すべての大人たちに伝えたい、渾身のメッセージ!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年03月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

尾木ママの「脱いじめ」論 子どもたちを守るために大人に伝えたいこと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月18日

    岩波書店でも尾木直樹先生は2013年に書かれていますが、その本よりはわかりやすい言葉で書かれていると思います。そして、具体的な対応が書かれており、場面指導の指針となります。理論と実践の融合を感じさせられる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月02日

    今の学校が抱える問題点をわかりやすく解説してある。
    大津のいじめ対応においては、教育委員会を擁護することなく、一人の人間としての話を聞くことができたような気がした。
    いじめっ子は、転校させたり出席停止にしようとするのではなく、いじめっ子にこそバックアップが必要だという考えは新しいと思うし、共感できる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています