白き隣人

白き隣人

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

フリーランスの女性記者はなぜ標的にされたのか。高学歴の美青年はどうしてあの娘を受け入れず、拒むのか。おぞましい贈り物、見えない狙い、噛み合わない会話、やまない嫌がらせ、誰がシロで、誰がクロか……。「なかったこと」には、出来ない。もう一線を越えてしまったから。夜と隣人、宅配便と食事が怖くなる、ホラー小説の大傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
新潮社
ページ数
238ページ
電子版発売日
2013年04月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

白き隣人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    鈴野兼好.最初に登場した時は、少し変わった若者という感じだったが、あに図らんや、第5章で意外な側面が現れる.ライターの杉宮遼子のキャラクターが良い.p205の兼好のセリフ 「あれの処理...」の意味が、p231の食事の記述を読んで理解でき、ぞっとした.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月17日

    フリーライターの杉宮遼子は知人の編集者から議員の不倫記事を書くように依頼される。気が進まないながらも、書き進める遼子のもとに宅配便が届く。編集社の名前で出された荷物の中身は子犬の死体だった。一方、志織は合コンで鈴野という男と出会う。色が白く、端正な顔立ちながら天然ボケの不思議な男に惹かれていく志織。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年05月28日

    フリーライターの遼子の元に届いた箱の中身は
    虐待された三匹の子犬の死骸だった。

    翌日から届けられる新たな箱の中身。
    虐待シーンのDVD、三匹の子犬が、遼子の実家にいる犬の子犬と裏付けるDVD。

    それと同時に音信不通になった恋人である孝彦。

    画家の弟子である鈴野兼好の歪んだ本性。

    遼子がかつて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月27日

    家に不審な荷物が届くようになったライターのパートと、不思議な青年について合コン相手や大学時代の先輩・仕事の雇い主夫婦が語っていくパートが交互に進んでいく。
    そっかー、食べるのか…。なんで人は人の肉を食べないかって、めんどくさいからなんだろうなあ。手に入れるまでの過程がめんどくさい。タブーをおかすのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング