鎌倉殿と執権北条130年史

鎌倉殿と執権北条130年史

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

鎌倉幕府を打ち立てた源頼朝が没すると、政治の実権を握ったのは北条一族だった。有力御家人を次々に排除し、揺るぎない権力を築き上げていく。義時の執権就任による地位の確立から、朝廷と兵刃を交えた承久の乱、泰時の御成敗式目制定と評定衆による合議制、時宗によるモンゴルとの交戦を経ながら、なぜ130年にわたって勢力を維持できたのか。敗れた御家人や朝廷の思惑にも注目しながら、執権北条氏の新たな像を提示する。


【目次】

プロローグ  

第一章 梶原氏と比企氏
  一 鎌倉殿頼朝死後の政局
  二 梶原景時の失脚
  三 比企氏の盛衰

第二章 北条時政と畠山重忠
  一 時政と執権
  二 元久二年の政変と牧方

第三章 北条義時と和田義盛
  一 義時と「執権」制
  二 和田合戦

第四章 北条義時と後鳥羽上皇
  一 後鳥羽上皇と将軍実朝
  二 承久合戦

第五章 北条泰時の政治
  一 執権泰時の誕生
  二 合議制の光と陰

第六章 北条時頼と三浦一族
  一 寛元の政変
  二 宝治の合戦
  三 北条時頼の政治

第七章 北条時宗と安達泰盛
  一 時宗政権とモンゴルの襲来
  二 安達氏と鎌倉幕府

第八章 北条貞時と安達氏
  一 貞時の政治
  二 執権から得宗へ

第九章 北条高時と足利氏・新田氏
  一 北条高時と後醍醐天皇
  二 足利氏と鎌倉幕府
  三 足利高氏と鎌倉幕政
  四 新田氏と鎌倉幕府

補論 幕府と官僚
  一 大江氏
  二 三善氏
  三 二階堂氏

エピローグ
あとがき
主な参考文献

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2021年10月21日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
10MB

鎌倉殿と執権北条130年史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

     次の大河ドラマの影響で、2021年後半から北条氏関係の本がだいぶ刊行されてきている。本書も元版は2001年だか、加筆・修正され文庫化されたものである。

     内容としては、鎌倉殿頼朝の死から、いかにして北条氏が幕府の実権を握ることになったのかを、有力御家人を次々に排斥していく過程をたどりながら描いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング