早房希美の謎解き急行

早房希美の謎解き急行

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大手私鉄・武州急行電鉄に勤める早房希美のもとに、社内の各部署からトラブルが持ち込まれる。踏切の障害物検知装置が謎の誤作動を繰り返したり、駅員に階段で突き落とされたと乗客から訴えられたり――名刑事だった祖父の知恵を借りながら、鉄道の安全と乗客の生活を守るため、希美は奔走する! 鉄道ミステリー短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2020年09月09日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

早房希美の謎解き急行 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月06日

    著者の鉄道物としては軽いタッチで読みやすかったです。登場人物は好感がもてる人たちで、サクサク進んでいきます。架空の私鉄が舞台ですが、駅名は本当にある地名を使用しているので、想像しやすかったです。
    最終話はとても良かったです。携帯電話等がなかった時代を思わせます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    事件が起きて、その謎を解くので、
    一応はミステリに分類しましたが...
    とある架空の私鉄で働く女性の「お仕事小説」としても
    楽しく読める一冊(^ ^

    踏切の侵入者感知システムのことや、
    運航ダイヤの「スジ」のこと、ATSを利用した「技」...等々、
    少しでも鉄ちゃんの血が混じってる人には、
    たまら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    ちょっとおせっかいな希美が列車にまつわる謎にチャレンジ。
    解決は、希美というか引退した伝説の刑事である祖父のアドバイスが大きいようなのも微笑ましい。
    最終話が特によかった。あんなに色んな事が重なるかな?ってところもあるけど、ああいうこともあっていい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています