日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおす

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおす

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

安易な日本礼賛も違うし、外国人の評価を気にしすぎるのも何か違う。そもそも、「日本」って何だろう。実は私たち自身が日本のことをよく知らないのではないでしょうか。学校で「日本史」は学ぶけれど、「日本思想史」は学んだことがありません。思想とは、精神の「柱」に作るものです。現代を生きる私たちにも役立つ、心を安定させるための知恵がたくさん詰まっているのです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
祥伝社
電子版発売日
2020年01月24日
紙の本の発売
2016年03月
サイズ(目安)
2MB

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおす のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年06月28日

    帯で示されている通り、日本思想のポイントがざっくりわかる。後半、読みながら、人生の価値について思いを巡らしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    日本の現在地が知りたい方にはお勧めです。
    現在のやることがわからないと考える人が多い日本が、どの様なプロセスで生まれたのか?それが、明治維新、戦後、バブル、東北大震災など、日本の大きなターニングポイントごとで整理されています。
    斉藤孝さん本は基本的に読みやすいかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    日本人の思想を俯瞰した本。
    古代から現代にかけての日本の思想史を、平易な文章でうまくまとめてあり、思想史の入門書としても一般の読み物としても手頃で良い本だと思う。日本人の思想は、世界情勢や周りの環境の影響を受け易く、常にブレがある。著者は先人の知恵を受け継いで、精神の柱を作り、常に洗練させていくこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    日本人の思想を記録の残るところからまとめてあり、自分たちの思想のルーツ、これからどうあるべきか考えられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月06日

    ○どんな本
    日本の思想1300年の歴史を眺めて、私たちが今どのような状況にいるのかを確認するための本。

    「精神の柱」とは、心を支える基盤、日本人が伝統として持っていたもの。
    日本人の先人の「精神の柱」を知ることで、日々の心のあり方を安定させるきっかけにする。
    「精神の柱」を知ることが、我々のアイデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    日本人とは日本語を母国語とする民族であると筆者は述べている。ソシュールも言語は差異の体系であると。

    そして私という主語を多用しないところが日本人の特性。そして、言霊信仰からくる、直接的な表現を避ける傾向があり、それが大きい。そこに、昔からある曖昧さ、短い表現を好みそこに含みを持たせてきた。よって、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月27日

    日本の思想の1300年を読み直すということで、単なる日本史ではなく、いわば日本の思想史といった斬新な切り口で構成されている。
    こういうアプローチができるのは、筆者の豊富な読書量に支えられた、語彙と知識と情報力によると思われる。
    もっと若い時にこのような本に出会っていればとも思うが、この歳になっても、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング