前へ!前へ!前へ!

前へ!前へ!前へ!

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この東京において、決して豊かでなく、むしろよくないイメージすら持たれている足立区で育ち、高校時代は100点満点の試験で2点や6点といった点数を連発し、先生からは留年勧告を受けたこともある(保護者宛の手紙をもらい、初めて高校にも留年があることを知った)、どうしようもないほどの落ちこぼれだった僕。2009年、ついに僕は大学に休学届を提出して、新しい世界を求めて足立区を発つことにした。向かった先は、アジア最貧国バングラデシュ。その土地で会いたかったのは、現代最高の社会起業家であるグラミン銀行のムハマド・ユヌス博士。博士のような人間になるために、グラミン銀行で修業をしたかったのだ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
木楽舎
電子版発売日
2019年08月30日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

前へ!前へ!前へ! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    まさに、「前へ!前へ!前へ!」。
    アグレッシブに行動し、多くの困難を経験し、バングラディシュの貧しい村に希望をもたらした若者の実録。
    実際の行動をさほど間を開けずにスピード出版しており、著者の行動力には脱帽する。

    表紙カバーを開けると、裏に高校時代の生々しい足跡が。

    私は税所さんを、応援したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月30日

    11月に学校に著者が講演に来るというので、読んでみました。
    いろいろ書評にも書かれているように、はちゃめちゃ感が漂ってきます。
    でも、お薦め。特に10代後半から20代の方には是非。それ以上の人には若い時持っていたはずのエネルギーを思い出すためにも是非。

    いろいろ失敗していますが、何かをやるという強...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月18日

    ひすいさんの明日死ぬかもよの巻末に著者のことが書かれていて気になりネットで彼のことを調べ、そのE-educationに感銘を受けこの本を読んだ。非常に胸が熱くなった


    まさに革命児、幕末の志士のような生き方だと思った。税所さんの行動力にはほんと感銘を受けた。アイデアがあっても行動しなければそれはな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月12日

    終盤は寒さのせいではなく、鳥肌が常にたっていた。落ちこぼれであった作者が図書室で本を読みあさり、学校で行われている授業なんて退屈だ、世界に出ればもっと面白いことがあるはずと思い、常に自分を信じてやり遂げたプロジェクトについての本である。大学生や、高校生に特にオススメしたい。本当に貢献する活動とはなに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月17日

    彼が奇跡を起こしたくなったきっかけは 些細なこと(彼にとってはとても重要かもしれないが)であったが、
    かれの、行動力や折れない心、自分の軸というものは、
    見習うところがあった。
    やりたくなったら、やればいい、 前へ進めばいい。
    周りの環境に流されない、 そんなことを、教えてくれました。

    ユーモアの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月30日

    数時間で一気に読んでしまった。
    早稲田大学の学生が、バングラデシュへ行き、
    教育の事業を興す物語。
    Do it! Do it! Go ahead!! というセリフが気に入った。
    考えすぎず、すぐに行動に移す大切さがわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    日本を飛び出した大学生が、バングラディッシュの農村にDVDを使った予備校を建て、農村から最高学府を目指すストーリー・ビジネスの軌跡を描いた本(バングラディッシュ版ドラゴン桜)。

    著者の行動力と熱意がとにかくすごかった。

    僕は、教育こそ貧困への最良のソリューションだと考えているので非常に共感できた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月20日

    早稲田生があることをキッカケに、バングラデシュへー。アジア最貧民と言われる彼らに本当の国際協力とは何かを理解し、新しいビジネスを展開する少年の物語が、いま明かされる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月24日

    行動力がずば抜けている筆者の姿にはかなり感化されました。実力がまだなくても恐れずにアクションを起こしてみることが大事だということを教えてくれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月10日

    著者である税所篤快さんは、東京都足立区で生まれ育ち、両国高校では授業に全くついていけず、偏差値28となり世間でいう落ちこぼれとなるも、東進ハイスクールでのDVD授業で、見事、早稲田大学教育学部に入学。

    しかし、大学の授業にも興味がもてず、何か大きいことをしたいと思いながらも行動に繋がらない日々を過...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています