ハイブリッドアジャイルの実践

ハイブリッドアジャイルの実践

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
紙の本 [参考] 2,860円 (税込)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

アジャイル本格適用の
手引きと実例で構成

■本書の概要

 日本でもアジャイルの導入は、開発会社の死活問題となる一方、プログラマが働き甲斐を取り戻す方策としても、熱い期待が寄せられています。しかし、導入自体を目的にしてはなりません。本書のゴールは「プロセス改善」です。教科書どおりの手法を再現することよりも、目前のプロジェクトに応じてプロセスを作り変え、工夫を凝らすことです。その実例として本書では、ウォーターフォールモデルを組み合わせた「ハイブリッドアジャイル」をご紹介します。

前半部の「解説編」では、アジャイルプロセスの組み立て方と進め方、計画立案の要点等を解説。原理主義を排し、日本の実情に即した現実的で柔軟な運用を提唱します。

後半部の「実践編」では、関西電力の導入事例に基づき、実際の取り組み、効果測定、現場開発者の生の声(賛否両論)を伝えます。

■本書の特徴

・日本のエンタープライズプロジェクトにおける現実解として、「ハイブリッドアジャイル」を提唱。
・アジャイルの各種プラクティスを簡潔に解説した上で、効果的な実施方法を手引き。
・プロジェクト管理、品質管理のノウハウを、日立ソリューションズの開発チームが解説。
・関西電力で得た実データに基づき効果を検証し、課題を科学的に分析。
・現場エンジニアの本音を多数収録。

■監修の言葉

株式会社テクノロジックアート 代表取締役社長 長瀬 嘉秀
欧米流のアジャイル開発を、そのまま日本で実践するのは困難です。本書は実際の国内プロジェクトの実践報告を収録しており、これからアジャイルプロセスを導入する上で最適なガイドとなります。まさに、大規模アジャイル開発の指南書です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
リックテレコム
電子版発売日
2019年08月20日
紙の本の発売
2013年10月
サイズ(目安)
14MB

ハイブリッドアジャイルの実践 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年12月02日

    SI業態(ウォーターフォール開発を主とする企業)に向けたアジャイル導入本。普段ウォーターフォール型開発に携わっており、プロジェクトを計画・リードするポジションのPM/SEにオススメできる良書。

    本書では、日本のSI事情を考慮したウォーターフォール + アジャイル型(ハイブリットアジャイル)がまとめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月05日

    大規模システム開発にアジャイルを適用する一例として関西電力の例を挙げ、WFとの融合を図る。
    一般的なアジャイルで用いられる手法の紹介もあり。

    日本の大企業でよくある、委託開発に対応するため
    WFの上流設計以前&統合テスト以降はWFのまま、
    詳細設計~実装~結合テストはアジャイルを適用する

    【再認...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月04日

    要件定義までと、結合テストはウォーターフォール型、詳細設計と製造、単体テストをアジャイル型でやる、というハイブリッドアジャイルについて。

    実践した事例は比較的(そーいうシステム的な分野では)小規模な事例だが、適用した中でのメリットや問題点などがまとめられており、参考になると思う。

    やはり日本人著...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月09日

    ずっとモヤモヤしていたことの解決にはならなかったが,多少「まあ,こんなもんでいいか」程度に気が楽にはなった気もする.
    普遍的な話はやはり無理ということなのだろうか.
    汎化しようと意識すればするほど,逆に特化がクローズアップされると言うか.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    【目的】 アジャイルの方法論やプラクティスを基にして、基幹システム開発などエンタープライズ領域におけるソフトウェア開発の「プロセス改善」の方法を伝える。

    【収穫】 ハイブリッドアジャイルの方法論と、その概要を説明できるだけの理解が得られた。

    【概要】 本書は、日本の諸事情を考慮しながら、アジャイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています