統一朝鮮が日本に襲いかかる

統一朝鮮が日本に襲いかかる

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

韓国の反日が常軌を逸したものになっている。慰安婦、徴用工問題は、虚構ながらも恰好の日本叩きの道具と化し、国を挙げての暴走が止まらない。核を放棄しない「北」と、韓国はなぜ組むのか? 長年、半島情勢を分析してきた著者は断言する。国力、軍事力の増大を背景に韓国は北朝鮮と手を結び、日本に対して行動を起こす布石なのだ、と。反日で一致し、統一の気運が高揚している北朝鮮と韓国に、日本はどう動くべきか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社新書
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

統一朝鮮が日本に襲いかかる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月07日

    韓国の仮想敵国は日本。軍備の最新化は、北を想定したものではない。
    自尊心が強く、助けてもらった相手を貶めないと正気が保てない。
    憧れの北と一緒になって、日本を叩くことが、唯一自分を正当化する道なんだろう。
    北だって、絶対に核を手放すはずがない。で、やることと言ったら南進しかない。あっという間に描かれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています