SALT WORLD 2017年6月号 Vol.124

SALT WORLD 2017年6月号 Vol.124

作者名 :
通常価格 713円 (649円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

マダイのベストシーズン突入! 
春のマダイは、乗っ込みマダイと呼ばれ、産卵をひかえたマダイが荒食いを行い、良型が釣れるシーズン。
マダイは日本人にとって特別な魚。
そんなマダイをルアーでより確実に釣るために、釣法は各地で研究されており、さらにアングラーとしても動きやすい暖かい季節になることから、各マダイフィールドは賑わいをみせます。
そこで今号の特集では、そんなマダイ釣りをまとめました。
タイラバ、ジギングと各地で実釣を行い、フィールドの様子とともに、タックル、攻略法をお伝えします。
シーズン的には、まだまだ楽しめる春マダイ。
釣果へのヒントがたくさん詰まっています。
また、人気の近海の青物ゲームの記事も「NEWウェポンで攻略する春の青物」と題し、3本掲載。
青物を攻略するために新たに作られたプラグやジグを使った釣行の様子、アイテムの詳細をまとめています。
さらに注目のNEWギア紹介では、メジャークラフトのロッド&ライン、ダイワのNEWオフショアアイテム、シマノNEWオシアジガー、ゼナックのNEWロッド、バークレイのNEWラインを詳しく解説。
その他、岩手のサクラマスジギング、呼子のイカメタル、台湾のジギング、ニュージーランドのショア&オフショアといった、注目のフィールド、釣りの記事をピックアップしています。
連載記事も合わせ、近海の身近な釣りから遠征まで、盛りだくさんの内容となっています。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / スポーツ
出版社
エイ出版社
ページ数
182ページ
電子版発売日
2017年05月15日
サイズ(目安)
140MB

新刊オート購入

SALT WORLD 2017年6月号 Vol.124 のユーザーレビュー

レビューがありません。

SALT WORLD(ソルトワールド) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~34件目 / 34件
  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年12月号
    NEW
    魚の引き、いわゆるハリに掛かってからの魚の抵抗の仕方には様々なものがあります。その中でもラインを幾度となく出し、強い引きをみせるスプリンター系の魚は、その魚をいなして釣り上げた時の嬉しさも倍増するため、やはり人気ターゲットです。そこで今回の特集は、そのような魚を題材にしました。掲載したマグロ類、カツオは終盤の時期ですが、来年の釣行の参考にもなるでしょう。またブリ系青物はこれ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年10月号
    今回の特集は、ここ最近再び脚光を浴びている「ポッパー」のことをまとめた「ポッパーの威力!!」。今回、日本における大型魚狙いのポッパーの歴史とともに、なぜポッパーが効果的なのか、ポッパーの威力とはどんなものなのかを特集。鈴木文雄氏、佐藤偉知郎氏、ヤマリヤのポッパー理論とともに、エキスパートアングラーのポッパーの使い方などを掲載しています。また、注目のルアー、オシア・フルスロット...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年8月号
    近海のキハダシーズンが開幕! 昔は沖縄や海外での遠征のターゲットとして捉えられていたキハダだが、近年、本州沿岸太平洋側に回遊が見られるようになり、今や身近なターゲット。大型のキハダと手軽に対峙できるようになり、アングラーが増え続けています。だが相手は一筋なわではいかないターゲット。そこで今回は、そんなキハダゲームの様々なことをまとめた特集にしました。これからキハダゲームにチ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年6月号
    今回の特集は、「DEEPな世界! 中深海・深海ジギングへの誘い」。春は各種の釣りに良いシーズンですが、外出自粛などもあり、アングラーたちは「気軽に釣行」できない感じでしょう。しかしそんな時だからこそ、本誌でしっかりと勉強、準備してみてはいかがでしょうか。特集の中深海、深海ジギングは、やってみたいと思いつつも二の足を踏んでしまう人が多い釣り。しかし実際にやってみると、イメージより...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年4月号
    春は海も穏やかなになり、海の中では、魚たちが活発に動き出すことから、オフショアゲームが活気づきます。中でも海の中を幅広く探ることができるジギングは、深海から浅場のライトジギングまで各地で盛り上がりをみせます。そこで今号の特集では、「初春の近海ジギング」と題し、多くのアングラーが楽しめ、奥深さもあるオススメのゲームを紹介。また今号は、巻頭にてこの春に引退となる児島玲子さんの連...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2020年2月号
    今号では、まず巻頭記事として、迫力ある大型ヒラマサ狙いの記事を紹介。鈴木斉&田代誠一郎の玄界灘釣行、佐野ヒロム×ソルティガの五島列島釣行、ノアマリンスタッフのニュージーランドホワイトアイランド釣行を、迫力ある写真とともにその模様をお伝えしています。また特集では、「近海ジギングに熱くなれ!」と題し、冬でも熱く魅力のある様々な近海ジギングをピックアップ。真鶴沖、豊後水道&足摺岬沖...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2019年12月号
    秋釣りシーズン到来! 秋は様々な魚が活発に動き出すシーズン。ボトム、中層、時にはトップと広い範囲で回遊系の魚が姿を現し、ボトムでは底物が活発に動き出します。そしてそんな秋の釣りは、一度の乗船で様々な魚を狙うことができるシーズンです。今回は、そんな他魚種を楽しめる「五目ゲーム」を特集でピックアップ。キャスティング&ジギングの釣行、近海のライトジギング、電動ジギング、各地のスー...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2019年10月号
    各地で好調が続いている日本近海のキハダ、クロマグロゲーム。各地で良型がキャッチされ盛り上がりをみせています。そこで今号ではそんなマグロゲームを特集で紹介。お馴染み相模湾のキハダキャスティングをはじめ、三重県のキャスティングキハダ、久米島パヤオでの電動キハダジギング、熊野灘のパヤオジギング、積丹沖のクロマグロ、函館沖のクロマグロジギング&キャスティング、相模湾のキハダキャステ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD(ソルトワールド) 2019年8月号
    暑い季節に熱い釣りを、とことん楽しみたい。各地で梅雨が明ければ、夏のオフショアシーズンが一気に盛り上がります。身近な海において、ライトゲームから大物狙いまで楽しめ、各地のフィールドはアングラーで活気づきます。今回の特集は、そんな近海で誰もが楽しめる魅力ある釣りを紹介。ジギング、スーパーライトジギング、ライトゲーム、キャスティングと、チャレンジしやすいながらも、奥が深いゲーム...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD 2019年6月号 Vol.136
    魚たちも、アングラーも活発に動き始める春から初夏。様々な魚を狙えて楽しめる時期だが、中でも熱いのが大型青物狙いとマダイだ。今回の特集は、そんな2つのターゲットをピックアップ。必要なタックル、攻め方、そして心得など、キャッチするために必要な要素を解説している。また第二特集では、近年人気が上昇しているサクラマスジギングを紹介。地域限定ではあるが、この魅力あるジギングのヒットへの...
  • SALT WORLD 2019年4月号 Vol.135
    日に日に暖かさを感じ、魚の動きも活発になる春。 様々な魚が狙えるシーズンである。 しかし、日により当たり外れが多いのも事実。 そこでオススメなのが、釣果情報に応じてパッと釣行に赴くことができ、 より釣果が確実な身近なオフショアゲームだ。 今回の特集では、そんな釣りをピックアップ。 北九州のスーパーライトジギング、玄界灘の電動ジギング、北海道のサクラマスジギング、 東京湾のシーバスジ...
  • SALT WORLD 2019年2月号 Vol.134
    冬に楽しいジギングとは? 寒さが身に染みる冬場。 しかし海には熱く、夢中になれる釣りがあります。 中でもこの時期は、ブリが人気です。 また近年流行の釣法である、スローピッチジャークによる釣り様々なターゲットが狙える時期でもあります。 そこで今回の特集は、そんなブリとスローピッチジャークによる冬の釣りを紹介します。 また特集以外でも、宇治群島のスロージギング、和歌山県古座沖のインチ...
  • SALT WORLD 2018年12月号 Vol.133
    秋の釣りシーズン本番! 秋は狙える魚が豊富になり、何を釣りに行こうか 迷ってしまうほどのベストシーズンです。 夏の魚は終盤ですが、良型がより望めるようになり、 また水温の低下とともに、様々な魚が動き始めます。 そこで今号の特集では、ソルトワールドが厳選した秋のお勧めの、 近海で手軽に楽しめるオフショアゲームをピックアップしました。 タックルセレクトやルアーアクションなど、ためになる...
  • SALT WORLD 2018年10月号 Vol.132
    本誌創刊20周年を迎える本年度。 そこで今号は特大号としました。 まず巻頭では、日本のジギングのパイオニアである北村秀行氏と、長年ジギングアングラーとして活躍するパパ大津留氏の対談を掲載。 また「ソルトワールド・レコメンド」として、釣り具メーカー各社のオススメ商品をピックアップし解説しています。 その他、五島列島、神津島、玄界灘、男女群島、北海道、福井県三国、東京湾、志摩、明石、...
  • SALT WORLD 2018年8月号 Vol.131
    日に日に夏の陽気になってくるシーズン。 そんな暑い季節に熱いジギングを今号では特集で紹介。 まず、夏から秋にかけて盛り上がる久米島キハダに、西本康生氏、鈴木斉氏がチャレンジした模様を掲載。 さらに小笠原&神津島へのテスト釣行の様子、南伊豆のクロムツ、丹後沖のタラ、玄界灘のスーパーライトジギング、南房総の青物、萩沖でのシマノのNEWリールを使ったライトジギングと、大型魚からライトゲ...
  • SALT WORLD 2018年6月号 Vol.130
    春は様々な魚が動き出し、アングラーも心地よい陽気で動き出すシーズンです。 なかでも各地でヒラマサやブリ&ワラサを狙うジギング&キャスティングゲームが盛り上がり、 マダイも春の産卵行動「乗っ込み」が各地で始まり、数、型ともに楽しめるシーズンとなります。 そこで今回の特集では、Part1では青物、Part2ではマダイとして、楽しい春の釣りを紹介しています。 その他、金洲の100kgオーバーのイシ...
  • SALT WORLD 2018年4月号 Vol.129
    春の釣りシーズンはもうすぐ。 しかしまだ出船率が安定しないため、天候を見定めて、素早く訪れることができる近海の釣りがお勧めだ。 そこで今回の特集は「身近な海のホットな釣り・オフショアライトゲーム」と題し、近海で気軽に楽しめるライトな釣りを紹介。 マイクロジグを使用した串本の根魚ゲーム、鳥羽の青物、ファンの多いサワラのキャスティング&ジギング、東京湾のシーバスゲーム、鹿児島のマダ...
  • SALT WORLD 2018年2月号 Vol.128
    冬こそオフショアシーズン。 冬だからこそ、熱く、楽しい釣りがたくさんある。 冬はその寒さから釣り場へ足が遠のく人も多いだろう。 しかし海の中では魚たちが活性し、沖に出られれば良い釣りに巡り合うことが多い。 しかも今シーズンは、魚の動きが遅れていると言われている。 陸上は冬景色だが、海の中は秋から冬に変化する、良い季節に突入しているのだ。 そこで今号の特集では、「冬こそ熱い!楽しい...
  • SALT WORLD 2017年12月号 Vol.127
    秋、そして冬のジギングシーズン到来。 夏の暑さがひと段落し、秋、そして冬と水温が下がってくると 日本各地の様々なフィールドで、様々な魚を狙った ジギングが盛り上がりをみせます。 もちろん夏でもジギングを楽しめますが、 魚種の多さ、そして魚の活性などを考えると、 やはり秋からのシーズンがベストです。 近年、ジギングはスタイル、ターゲットとより幅広くなっています。 そしてそれぞれに楽し...
  • SALT WORLD 2017年10月号 Vol.126
    全国的に楽しめる、ジギングはやっぱり楽しい! そして秋はジギングが盛り上がるシーズンである。 日本沿岸でどこでも楽しめるオフショアゲームといえば、やはりジギングでしょう。 オフショアゲームにおいて、キャスティングやマダイ狙いのタイラバなどは、その釣りを成立させるために条件が必要となるが、ジギングにおいてはスタイルやターゲットが無数にあり、日本各地で楽しむことができるスタイルでし...
  • SALT WORLD 2017年8月号 Vol.125
    いつかは大型の魚を釣りたい! 自分より重い魚、抱くように持つ魚を釣りたい! オフショアソルトアングラーで、そのような「夢」を持っている人は多いでしょう。 しかし想像していただけでは手にできない。 やはり大物を釣るためには、情熱とともに行動しなければ始まらないのです。 そしてしっかりと大物に合わせた準備をしなければなりません。 「遠征に行けば、簡単に大物が釣れる!」というほど簡単で...
  • SALT WORLD 2017年6月号 Vol.124
    マダイのベストシーズン突入!  春のマダイは、乗っ込みマダイと呼ばれ、産卵をひかえたマダイが荒食いを行い、良型が釣れるシーズン。 マダイは日本人にとって特別な魚。 そんなマダイをルアーでより確実に釣るために、釣法は各地で研究されており、さらにアングラーとしても動きやすい暖かい季節になることから、各マダイフィールドは賑わいをみせます。 そこで今号の特集では、そんなマダイ釣りをまと...
  • SALT WORLD 2017年4月号 Vol.123
    早春も楽しい釣りが満載! 春のきもちいい陽気を感じつつ良い釣りを満喫したい。 しかし早春は、まだまだ三寒四温などもあり、 天候が不安定なことも多い。 であれば、天候の良い日を狙って行動し、 近海フィールドでの釣りにチャレンジするのがオススメである。 春は各メーカーから新製品が発売され、 それを使用したより釣果を期待できるメソッドなども発表される時期。 そこで今回の特集では、近海にお...
  • SALT WORLD 2017年2月号 Vol.122
    好敵手であり、多くのアングラーが熱くなる、冬のヒラマサとブリ。 水温の低下にともないイワシやサンマといったベイトが動き、 それを捕食するヒラマサやブリの活性が上がる。 そしてルアーにも好反応を示し、各地で良型が上がるようになる。 そこで今号では、ヒラマサ、ブリ狙いの釣行の様子を掲載。 五島列島、壱岐島、隠岐諸島、韓国、東京湾、上越を舞台に、 探り方やタックルセレクトなどの情報が満...
  • SALT WORLD 2016年12月号 Vol.121
    オフショアゲームにおいて、さまざまな魚の活性が上がり、盛り上がりをみせる秋。 そんな魚たちを求めてアングラーも活発に動き出すシーズンである。 そこで今号では、そんな秋に人気であり、オススメのオフショアゲームを紹介。 鹿島のワラサ、外房のヒラマサ、東京湾&駿河湾のタチウオジギング、玄界灘でのマダイジギング、そしてエギング、ムツジギングなどを掲載。 それぞれタックルセレクト、攻略法...
  • SALT WORLD 2016年10月号 Vol.120
    夏の強烈な暑さが日に日にやわらぎ、これから秋を感じられるようになる。 しかし、陸上はそんな移り変わりであっても、海中の水温は真夏と変わらない。 そのため、夏に盛り上がるキハダ、カツオといった魚は、まだまだシーズン。 また人気のヒラマサ、マダイは、夏~秋口は高水温で厳しいシーズン。 しかしそんな中でも、攻略法はある。 そこで今号の特集では、「高水温期の魚を満喫!攻略!!」と題し、キハ...
  • SALT WORLD 2016年8月号 Vol.119
    近年、ますます人気となっているライトなオフショアゲーム。 身近な海で気軽にトライでき、そしてなにより釣果も得られやすい。 しかスタイルによっては様々な魚が釣れるというのが魅力である。 そんなゲームの中から、これから夏に楽しめるものをピックアップ。 相模湾シイラ、宮崎のタイラバ、志摩沖のイサキ、 関東各地のマダイ五目ゲームなどの記事を掲載しています。 また夏場、相模湾で盛り上がりを...
  • SALT WORLD 2016年6月号 Vol.118
    春は様々な魚が動き出す時期。 なかでもマダイは、産卵シーズンをひかえて荒食いを行うために 各地で多くの釣果が聞こえ始めます。 また春になると各地で盛り上がりをみせ、 多くのアングラーがフィールドへと通うようになるのが、 ヒラマサ、ブリ(ワラサ)といった青物狙い。 そこで今号の特集は、「やっぱりマダイ&青物ゲーム」と題し、 マダイでは屋久島、錦江湾湾口、山形沖、鹿島沖を取材。 青物で...
  • SALT WORLD 2016年4月号 Vol.117
    オフショアゲームにおいて、釣果を得るためには、ターゲットが捕食してくるレンジをしっかりと把握することが重要である。 捕食レンジが分かれば、より効率よく誘うことができる。 また魚種によっては、そのレンジ攻略によってサイズを釣り分けることもできる。 今回の特集は、そんな捕食レンジをテーマにしてまとめてみました。 釣行時のヒントが詰まった内容となっています。 またその他、玄界灘テスト釣...
  • SALT WORLD 2016年2月号 Vol.116
    冬であっても身近なフィールドに熱い釣りはたくさんある。 そしてそんな熱い釣りものを狙って出船している船には、 多くのアングラーが連日訪れている。 今回の特集では、そんな釣りをピックアップ。 まずは冬といえば人気のタチウオ。身近でありながら、 奥の深いため近年アングラーは急増中である。 そこで駿河湾、大阪湾、東京湾のタチウオジギングを掲載。 さらに東京湾の大型シーバス狙いの釣行や中深...
  • SALT WORLD 2015年12月号 Vol.115
    夏の暑さがやわらぎ、秋になると各地で良い釣果が聞こえ始める、近海ターゲットの王様・マダイ。 一昔前はルアーで釣るのが難しいとされていたマダイであるが、今やタイラバ、そしてメタルジグにおいても幾つかの釣法が誕生した。 そこで今回の特集は、そんな秋のマダイを楽しみ、攻略するスタイルを紹介。 新しいタイラバスタイルの提案・掛けラバ、マイクロジギング、そしてスロージギングといったスタイ...
  • SALT WORLD 2015年10月号 Vol.114
    この夏、連日多くのアングラーが釣り場に通い、例年通りに盛り上がりを見せた相模湾のキハダキャスティング。9月中旬以降もまだまだ続くと予想されるが、簡単に釣れないのが相模湾のキハダでもある。そこで今回は、毎年この釣りに通うエキスパートの方々の釣果を得るための「タックル選び」を特集しました。多くの経験から勝負するために選び抜いたタックルと、そのセレクト理由を解説しています。また、...
  • SALT WORLD 2015年8月号 Vol.113
    大海原を舞台にしたルアーフィッシングをテーマに、各地の釣りレポートや最新メソッド、夢の大物狙いの世界まで、海釣りのおもしろさを幅広く伝えます。 目次 ソルトワールド水族館 SALT WORLD誌がデジタル版を始めました。 特集 釣果をもたらすルアーセレクト 相模湾のシイラゲーム 島根県・隠岐の島のキャスティングゲーム 久米島パヤオのスローマグロゲーム キンメダイ&クロムツ攻略 北茨城・平潟沖...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SALT WORLD 2015年6月号 Vol.112
    春海必釣の戦術と戦略 大海原を舞台にしたルアーフィッシングをテーマに、各地の釣りレポートや最新メソッド、夢の大物狙いの世界まで、海釣りのおもしろさを幅広く伝えます。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています