日本は再生可能エネルギー大国になりうるか

日本は再生可能エネルギー大国になりうるか

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

福島第一原発事故は、なぜ起こったのか? 政府や国会の事故調査委員会とは別に、どこからもしがらみのない「独立」した民間事故調査委員会が発表した『調査・検証報告書』は、事故現場の混乱、官邸の狼狽、「エリートパニック」による情報の錯綜などを、生々しく伝えるものだった。
民間事故調の委員長を務める著者が、あらためて、福島原発事故について語り、原発のリスクを問い、脱原発を行うための経済的検証を行う。本書は、再生可能エネルギーによる日本復刻の「百年の計」を示すものである。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌・レーベル
DIS+COVERサイエンス
ページ数
264ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

日本は再生可能エネルギー大国になりうるか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月09日

    筆者は高温超電導の研究で世界的に有名であり、福島原発事故独立検証委員会、いわゆる「民間事故調」の委員長でもある。5章構成の冒頭である第1章は、3.11福島原発の事故の様子を改めて振り返ったものであるが、今まで読んだ原発事故に関する記述の中では最もわかりやすく、かつリアルなものであった。この部分だけで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月25日

    原発事故について民間事故調の見解、今後の再生可能エネルギーのメリット、デメリットなどが図、表を用いて論理的に書かれていると思います。東電批判、政府批判ばかりせず、自分たちがどう動きたいか代替案を示す材料になるのでは⁈

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月01日

    福島「民間事故調」委員長の新刊。前半は震災後の政府・東電・科学者による情報処理、事故対応の総括と問題点を客観的に要約。後半は、今後数十年単位の視点で、再生可能エネルギーの導入をどのように進めていくべきかを、政策インセンティブ・コスト・諸外国の状況も考慮しながら分析。昨今のエネルギーに関する言説や主張...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月25日

    脱原発なのか、原発存続なのか、二者択一の議論が多いですが、元東大教授、JST理事、原発事故調査委員会の委員長としての立場で書いてあるので、1つの考えとしてはバランスが取れていると思います。

    前半は原発事故の問題点で、原発事故調査委員会の委員長としてもかかわっているので感情論ではなく、科学者としての...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月07日

    日本が今後、どのようにエネルギーの舵取りをしていったらいいかを、諸外国との比較によって示されていたので、分かりやすかった。

    驚いたのは、外国が原発を廃止する方向へ進んでいるかと思ったら、そうでもないことが書かれていたことだ。
    スウェーデンなどは、化石エネルギーはほとんど使っていないが、4割近くの原...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月07日

    福島原発事故独立検証委員会委員長の手による再生可能エネルギーへの移行の可能性を定量データを基に客観的に論じた一冊。
    前半は福島原発事故の分析に充てられており、組織と個人が非常事態においてどのように失敗に至るのか、言い換えれば組織のルールや文化が個人の判断と行動にどのような影響を与え、それらの判断と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月29日

    福島原発事故独立検証委員会の委員長の著書で、中身の半分近くが、原発と事故対応に割かれています。ちょっと、タイトルと違うぞ。

    肝心の「再生可能エネルギー」の中身ですが、ざっくり言うと、省エネで総量を減らし、海外に流れているマネーを再生可能エネルギーに向かわせればいける、ということ(ざっくり言い過ぎた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

DIS+COVERサイエンス の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング

日本は再生可能エネルギー大国になりうるか に関連する特集・キャンペーン