きょうは会社休みます。 5
  • 完結

きょうは会社休みます。 5

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
紙の本 [参考] 460円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

田之倉から一緒に住もうと言われて喜んで準備を始めた花笑だったが、両親の気持ちを知って複雑な心境に…。そんな花笑を察した田之倉は同棲を取りやめ、その代わりに自分の部屋の合鍵を渡した。そして、田之倉は花笑に自分の父親に会って欲しいと言って…。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ココハナ
ページ数
186ページ
電子版発売日
2014年03月25日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

書店員のおすすめ

綾瀬はるかさんと福士蒼汰さん主演のドラマでも話題になった本作は、とにかく花笑さんが可愛く、愛おしくなるんです!大学生時代に唯一のチャンスを逃したっていうのも、その後ロマンスがないまま三十路に入ったっていうのも、33歳のせっかくの誕生日なのに会社の飲み会に参加して、なぜかアルバイトの大学生と2軒目に流れて行き、酔った勢い!でもなく、気づいたら一緒に朝を迎えていたっていうのも…。
一回りも下の彼との関係に戸惑いながらも、乙女のような恋に心を熱くする花笑さんの表情、しぐさ、そして「もしかして、しあわせかも」というセリフに男の私でもキュンキュンしてしまうのです。
しかし、モテキというものは恐ろしいもの。同じビルで働く若きイケメン社長からアプローチされて、困り方もわからない花笑さん。この恋の行方も気になるところです。(書店員・乙女心を持つオヤジ)

    面白いです

    オレンジャー 2014年05月15日

    藤村さんの作品、高校生くらいの頃よく読んでいました。
    近はこういうの書いてるんだ~と読み始めたら、ハマリました!
    私も主人公に近い年齢になりましたが、妄想好きなアラサー女子にはたまらない内容です(笑)
    有り得なくてもいいのっ!だって漫画なんだから!(笑)
    田野倉くんにキュンキュンです~!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月06日

    田之倉父登場。なかなか破天荒だが、言葉は深い。しかし、田之倉君の家は一体どんなセレブなのだろう?
    それから、加々見も登場。ドラマでは瞳ちゃん命のダメダメだけれどかわいいヤツだったが、原作ではむかつくほどのダメ人間だったことにビックリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    おぉ、ここにきて新キャラ登場で面白さ盛り返した。
    花笑が素直になっているのも読んでて感じる。
    こんなことないわ~と思いつつ、にまにまするのがやっぱり少女マンガの醍醐味だなぁと実感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    田之倉から一緒に住もうと言われて喜んで準備を始めた花笑だったが、両親の気持ちを知って複雑な心境に…。そんな花笑を察した田之倉は同棲を取りやめ、その代わりに自分の部屋の合鍵を渡した。そして、田之倉は花笑に自分の父親に会って欲しいと言って…。
    朝尾さん押しの私には、どんどん進んでいく田之倉くんとの交際が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    まず表紙が可愛い。
    そして田之倉君の父親が初登場(あんな自由で軽い男とは)

    朝尾さんに牽制する田之倉君も見れたし、花笑との絆もどんどん強まっている気がする一巻。

    しかし新キャラの加々見が何だか嫌な感じ・・
    波乱の予感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月03日

    田之倉くんは学生さんだけど、言うことははっきり言うし、やっぱりかっこいい。朝尾さんは大人の男の人って感じで、また魅力あり。この後の展開も気になります☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

    朝尾さんがすてきだったので、星4つ☆☆☆☆

    私でよければ、
    苺のショートケーキ作りますよ!!笑


    京都旅行うらやましい。
    田之倉父、何の仕事してるんだろ。なんか設定あったかな。


    田之倉君が、ますますキスマイの玉ちゃんにした見えず。
    是非、その線で実写化希望!!笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    今回は、朝尾さんが切なすぎ。いままではなんやこいつは!邪魔するなと思っていたけど、さすがに誕生日ディナー用意してたのに一緒に食べれなかったシーンは悲しかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    田之倉くんは年齢に似合わず落ち着いてていいと思うのですが先がなんとなく見えてしまうので朝尾さんとくっついて欲しいなあと思ってしまいました(O_O)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月09日

    田之倉父がいなかったら、星もうひとつ下げていたかも。
    主人公は相変わらずふわふわしていて、恋愛が楽しいのはわかるんだけど、仕事とか将来とか、もう少し考えれば良いのに、とか思ってしまう。別に、仕事をがんばると恋愛がだめになるはイコールの関係ではないのでは?とか。
    そして、こんなに自立できてない年上を好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 13件
  • きょうは会社休みます。 1
    完結
    花笑は33歳の誕生日を彼氏いない歴33年&処女歴33年のまま迎えてしまった。大学1年のときに、1度だけあったチャンスを逃してしまったことを未だに悔やみながら、処女をヴィンテージレベルまでこじらせた花笑に、誕生日の奇跡が起きる!?
  • きょうは会社休みます。 2
    完結
    33歳の誕生日、長い処女歴にピリオドを打った花笑。相手は会社のバイトで21歳の大学生、田之倉。しかも、アレはあくまで酔った勢い、偶然の出来事だと思っていたら、なんと本当にお付き合いすることに。いろんな「初めて」を体験しながら、ついに2人で過ごすクリスマスイブを迎えて…。掲載誌Cocohanaの創刊準備号に描かれた番外編「きょうは会社休みます。─プロローグ─ 」も収録!
  • きょうは会社休みます。 3
    完結
    初めての恋愛に戸惑いながら、田之倉との仲は深まるばかりで、花笑は幸せいっぱい! でもそんな時、田之倉に迫る手強そうな女の子が現れて…。花笑、大ピンチ!? 後輩の瞳が主人公の特別番外編も収録! 【同時収録】きょうは会社休みます。特別番外編
  • きょうは会社休みます。 4
    完結
    いろいろあるけど、花笑と田之倉の交際は順調! そんな花笑は大学時代の同級生のウェディングパーティーに田之倉と一緒に招待された。楽しみだという田之倉の横で花笑には、一つ気になることがあって…。
  • きょうは会社休みます。 5
    完結
    田之倉から一緒に住もうと言われて喜んで準備を始めた花笑だったが、両親の気持ちを知って複雑な心境に…。そんな花笑を察した田之倉は同棲を取りやめ、その代わりに自分の部屋の合鍵を渡した。そして、田之倉は花笑に自分の父親に会って欲しいと言って…。
  • きょうは会社休みます。 6
    完結
    職場のダメ新人加々見に連れて行かれた怪しいクラブで意識を失くしてしまった花笑。危機一髪、花笑を救った朝尾はタクシーでホテルへ向かった。そして、状況を知った田之倉は…!?
  • きょうは会社休みます。 7
    完結
    田之倉への想いがあふれ花笑は思わず「田之倉くんと結婚したい」と言ってしまった。慌てる花笑だったが、田之倉は力強く手を握ってくれ、ほほえんでくれた。ところが後日、田之倉の様子が変で、花笑に話があると…!?
  • きょうは会社休みます。 8
    完結
    田之倉との結婚が決まり、幸せいっぱいの花笑。ところが瞳から、会社が合併して事務職はリストラされるかもと聞き、急に焦りを感じ始める。田之倉にも報告しようとするが、会社の内定合宿で不在。思い切って朝尾に相談すると…。
  • きょうは会社休みます。 9
    完結
    34歳の誕生日に、朝尾から本気の告白を受けた花笑。すぐに断ったけれど、朝尾の言葉が頭から離れず田之倉といても花笑は上の空になってしまう。誕生日の一日を田之倉と過ごし、花笑がたどり着いた本当の気持ちは…。
  • きょうは会社休みます。 10
    完結
    新しくきた部長の如月は、進めていいと言った企画にいきなりダメ出しをしてきたり…振り回される花笑。もっと頑張らなければと、花笑は結婚式の準備を後回しにして、がむしゃらに働く。そんな花笑を見て、田之倉が言ったことは…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています