ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

秘密めいた恋にときめく!年の差ラブな恋愛漫画9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年上の異性に憧れる…、男女ともにそんな経験をもつ人は少なくないのではないでしょうか。年下目線から見れば、年上とのどこか背伸びをした恋は、同世代を好きになるのとは違った大人の世界をのぞけるドキドキ感があります。反対に年上目線で見ると、罪悪感と「教えてあげる」気持ちが交錯するときめきがたまらないのではないでしょうか。女性が年上の作品と男性が年上の作品、どちらもご紹介します。

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった作品を見つけた方はご利用ください。

おすすめ年の差恋愛漫画☆女性が年上編4作品

『中学聖日記』

『中学聖日記』 1~5巻 かわかみじゅんこ / 祥伝社

ドラマも話題に! 男子生徒×女性教師の禁断すぎる純愛『中学聖日記』

有村架純さんと新人俳優の岡田健史さん主演でドラマ化され、大きな話題を呼んだ本作。片田舎の中学校に教師として赴任した25歳の末永聖(ひじり)と、14歳の男子中学生・黒岩晶(あきら)による、教師と生徒の禁断の恋愛が描かれます。

キャラクターの造形が非常にリアルで、特にメインの二人は非常に特徴的。例えば聖はよく言えばおっとりとした、悪く言えばどんくさい女性。イケメンで仕事もできる婚約者の勝太郎がいながら、自分の心を振り回す黒岩を男として意識してしまい、うまく立ち回れないでいます。一方の黒岩も浮世離れしていて世間知らず、人の心を推し量るのが苦手なちょっとズレた美少年。

「何だこれ おかしいだろ もっと 何か すばらしいものじゃないのか? 恋って」

など、中学生にして初めて恋を経験した彼の拙い愛情表現や、好きになってはいけない人を想う辛さ、逡巡、葛藤が描かれます。誰もが通る青春のほろ苦さににぶつかる黒岩の姿には、大人の女性であればあるだけグッとくるはずです。

ダメだとわかっていても、どうしても惹かれ合ってしまう二人。細い糸の上をギリギリで歩いているような、ヒリヒリとした緊迫感と切なさが全編通して漂います。出会ってから数年後、黒岩が高校生になってからもそれは変わらず、周囲の人間を巻き込み、傷つけながら、透き通るような純愛は加速し続けます。

現段階での最新刊である5巻にはドラマ撮影現場のレポや、いくえみ綾先生、おかざき真里先生など豪華執筆陣が寄稿したドラマ化記念のスペシャルイラストなどが収録され、ドラマファンにも嬉しい内容。原作ファンもドラマファンも、今後の二人の恋の行方に大注目です!

『中学聖日記』を試し読みする

あいだにはたち

『あいだにはたち』 1~5巻 さおとめやぎ / 講談社

カラダと嘘から始まる20歳差のカンケイ『あいだにはたち』 

20歳という年齢差、歯止めの効かない自分の若さと欲望に悩む童貞男子高生、そして、綺麗でどエロい大人のお姉さん。「年の差」漫画の醍醐味と面白さがギュッと詰まった作品がこちらです。

18歳の高江玲於奈(れおな)は冴えない受験生。ひたすら勉強漬けの毎日を送っていた彼はある晩、道端で泣きながら缶ビールを煽っていた38歳の巨乳美人・ミサと出会います。

ひょんなことから大学院に通う優秀な25歳の兄・一作(いっさく)の名前と経歴を騙り、ミサとのひとときを過ごしてしまった玲於奈。やがてミサから提案されたのは、カラダだけのセフレ関係でした。20歳という年の差に最初こそ戸惑うも、次第に玲於奈は勉強が手につかなくなるほどミサにのめり込んでしまうように。しかし、実はミサにはある目的があったのです———。

ピュアッピュアな玲於奈が初めての経験に浮き足立つ様子、テンポの良いストーリー、ハラハラする展開など、本作の魅力をあげたらキリがありませんが、特にキャラクターの立て方は秀逸です。とりわけミサは、玲於奈とのデートの日は特定の期間のみで、他の男性とも平気で連絡を取る、目的のためなら手段を選ばない魔性の女。全男性の妄想を具現化したようなむっちりとしたミサのエロさは、振り切っていて最高です(受験生は読んじゃダメ!?)。また、玲於奈のことを真顔で心配し、論理的にミサの嘘を暴いていく一作も味があり、コアなファンが多そうなキャラクターといえるでしょう。

純粋すぎる玲於奈と出会ったことによって、ミサの目的はどのような形で具現化するのでしょうか? 嘘と真実、エロと純愛が絶妙なバランスで成り立っていて、今後の展開がさらに楽しみです!

『あいだにはたち』を試し読みする

『きょうは会社休みます。』

完結『きょうは会社休みます。』 全13巻 藤村真理 / 集英社

地味なOLと年下王子様のシンデレラストーリー『きょうは会社休みます。』

ひっつめ頭に眼鏡で色気なしのOL・青石花笑(あおいし はなえ)は、年齢=彼氏なしの33歳。大学1年生の時に一度だけあった恋のチャンスを逃してから、いまだに彼氏ができる気配なし。何の楽しみもない、誰も自分の誕生日を知らない、そんな33歳の誕生日に、ひょんなことからバイトの大学生・田之倉 悠斗(たのくら ゆうと)と2人で飲むことに。そして朝目覚めると、なんと隣に田之倉くんが寝ていて!?

本作は綾瀬はるかさん主演でドラマにもなった話題の漫画。三十路のこじらせ女子と12歳年下のこなれた男子の年の差ラブストーリーです。年上とはいえ、花笑にとって恋愛は初めてのこと。急に現れたイケメン年下彼氏に戸惑いながらも、田之倉くんに眼鏡がない方がいいと言われてコンタクトにしたり、デートの前に美容院に行ったりと、ようやく訪れた恋と不器用なりに向き合っていきます。しかし、年の差恋愛に障害は付きもの。田之倉くんに迫る女の子が現れたり、花笑にも年上の男・朝尾がアプローチしてきたり…。

男性が年下の場合、女性に甘えてしまいそうですが、この漫画では田之倉くんがしっかり花笑をリードしていて、とにかくかっこいい! 恋愛初心者の花笑の戸惑いをしっかり受け止め、一つ一つ2人で解決していく姿に、「こんな恋愛してみたい!」と、見ていてため息が出てきます。また、花笑にアプローチをしてくる朝尾も違ったタイプのイケメンで、2人の男性の間で揺れてしまう花笑をうらやましく思ってしまうかも!

漫画だけでなく『きょうは会社休みます。 ~The First Valentine~』『きょうは会社休みます。 ~The Christmas Episode~』という小説版もあり、漫画では描かれていない、2人の初めてのバレンタインと、登場人物それぞれのクリスマスエピソードを読むことができます。

本作では、年の差カップルが彼らなりの関係をゆっくりとはぐくむ様子が描かれています。ひょっとしたらこれは、大人同士の関係構築の理想形の一つなのかも…。そう思わせてくれる作品です。

『きょうは会社休みます。』を試し読みする

『乙嫁語り』

『乙嫁語り』 1~11巻 森薫 / KADOKAWA

政略結婚から育つ真実の愛『乙嫁語り』

中央アジアを舞台に、さまざまな「乙嫁」の姿を描く人気作です。聞きなれない言葉ですが、もともとの意味は「弟の嫁」「年少の嫁」、タイトルの中では「美しいお嫁さん」という意味合いのようです。カスピ海の周辺都市に嫁いできたアミルは20歳。ところが、輿入れした相手は12歳の少年カルルクでした。服も花嫁道具も違うアミルとカルルクの一族。山を越えて遠くから嫁いできた年上の花嫁に、カルルクも、そしてカルルクの家族も最初は戸惑いますが、アミルは持ち前の明るい性格で一族になじんでいきます。

19世紀、時代が大きく変わろうとしている中央アジアを舞台にしたヒストリカルストーリー。自分の意志ではなく、家と家の結び付きで結婚した2人。年の差はあるものの、2人の間には徐々に確かな思いが育まれていきます。結婚は家の繁栄のため。そのため年上女房のアミルのことをとやかく言う人もいます。しかし、カルルクはアミルに、仕方なく結婚したのではないこと、若ければいいとは思っていないことなどをしっかりと伝えます。また、アミルも縁があって結婚したカルルクを大事に思い、少し過保護になってしまうことも。お互いを思うがゆえ、時に気持ちをぶつけ合う2人を、カルルクの一族が優しく見守ります。アミルには友達もでき、婚家での穏やかな生活が続くと思われたのですが…。

緻密な作画で描かれた中央アジアの衣食住の新鮮さが目を惹く作品ですが、世界どこでも変わらない、立場の違う人と人との心の通い合いをじっくり描いている点も大きな魅力です。

『乙嫁語り』を試し読みする

おすすめ年の差恋愛漫画☆男性が年上編5作品

『恋は雨上がりのように』

完結『恋は雨上がりのように』 全10巻 眉月じゅん / 小学館

ダメ中年男に恋したクールな女子高生の恋の行方は?『恋は雨上がりのように』

ファミレスでバイトする主人公・橘あきらは、17歳の高校2年生。高校生にしてはクールで表情があまり変わらないあきらですが、そんな彼女にも好きな人がいて…。その人と会うためにバイトのシフトを増やしてしまうほど。なんと、その相手とは、バイト先のファミレスの店長、45歳の近藤正己、バツイチ! 不器用な女子高生と、28歳年上の情けない男のアンバランスな恋の行方はどうなるのでしょうか?

2018年にアニメ化と実写映画化され、話題を呼んだ作品です。中年男に恋する美少女JKというとものすごい妄想が飛び出すストーリーを想像される方も多いかもしれませんが、実際は笑いと悲哀が絶妙なバランスで盛り込まれた内容になっています。

普段は無愛想なあきらですが、店長のこととなると彼をこっそり観察して、頰を染めたり落ち込んだり。その表情の変化は、まさに片思いならでは! あきらの告白に戸惑いながらも、彼女のことを第一に考えようとする店長。真摯さとともに、中年男性のやるせなさも見え隠れするところがなんとも切ない。そんな店長に、男性読者は共感し、女性読者は母性本能を掻き立てられてしまうことでしょう。一見負け組で情けない中年男性がじわじわと魅力的に見えてくるストーリー展開に脱帽です。

寝癖に10円ハゲ、たまにズボンのチャックが開いていて…。決して格好良いとは言いがたい店長。そのどこにあきらは惹かれたのでしょうか? その答えは、ぜひ作品を読んで知ってください。また、バイト仲間とのやり取りや、あきらがけがで辞めなければならなかった陸上部の友達との関わりも丹念に描かれ、恋愛だけでなく、思うようにいかない人生についても考えさせられる本作。青年漫画誌である『ビッグコミックスピリッツ』での連載でしたが、少女漫画のようにキュンキュンできるポイントが詰まっています。

『恋は雨上がりのように』を試し読みする

『長閑の庭』

完結『長閑の庭』 全7巻 アキヤマ香 / 講談社

不器用女子が堅物教授と探す恋の定義『長閑の庭』

ドイツ語専攻の大学院生・元子(23歳)は、地味な容姿と性格から“シュバルツさん(ドイツ語で「黒」の意味)”と呼ばれています。そんな元子が憧れているのは、ドイツ文学教授の榊(64歳)。そんな元子の気持ちは態度に表れ、周囲にはバレバレ。助手の田中さんが流した噂をきっかけに、衝動的に自分の気持ちを告白してしまいます。しかし、それは勘違いだと教授に断言され…。

コミュ障気味の院生と堅物の教授が、時に距離が近づいたり、ちょっとしたことですれ違ってしまったり…。女子力に自信のない元子は、そもそも“恋”が何かわからず、教授の一挙一動、そして田中さんの手厳しい物言いに振り回されてしまいます。

周囲の女子と自分を比べて落ち込む元子の姿には、共感ポイント多数。恋の相手はドイツ文学の教授だけに、立ち振る舞いや雰囲気がとてもストイック。しかし、その厳しさは優しさの裏返し。学生である元子を突き放しつつも、迷える彼女を放っておけないひとりの男性としての想いが垣間見えるところなどは、年上男性好きにはたまりません!

豊かな教養と人生経験によって、元子の気持ちを「恋ではない」と何度もたしなめる教授。それでも納得できない元子。そして、田中さんや同級生の樹里、教授の前妻・朝霧さんも絡み、元子の恋模様はますます複雑になってきて…。初めて自覚する嫉妬に悩みながらも、勉強家らしいまじめさで恋の定義を元子は求めていきます。なかなか見つからない答え。でも、こんな風にもがき苦しむ心情こそが「恋」なのかも…そんなことを考えさせられる作品です。

『長閑の庭』を試し読みする

『未満れんあい』

完結『未満れんあい』 全5巻 高嶋ひろみ / 双葉社

魔法使いになれる男と天使みたいな女子中学生の奇跡の出会い『未満れんあい』

主人公の黒瀬は29歳、エロゲーや美少女ゲーム製作会社のプログラマー。そして、彼女いない歴=年齢です。同僚から「何が面白くて生きているのか」と言われるほどの変わり映えのしない毎日に、天使のような中学一年生・ともえちゃんとの出会いが降ってきた!!

ちょっとドジな美少女の勘違いで知り合った2人。全くイケてないアラサー男が中学生に恋をするというギャルゲーのような設定ですが、その恋模様は非常に純粋! 黒瀬はともえちゃんに一目ぼれするものの、生来の奥手が幸いし(?)なかなか思いを口にすることができません(もちろん、手も出せません)。また、ともえちゃんは黒瀬の人の良さを直感的に分かっており、2人は友情のような信頼関係を築いていきます。恋するピュアな気持ちがぎっしり詰まった作品で、恋愛に気後れする不器用な黒瀬に感情移入してしまう男性読者も多いはず。女性読者も、こんな風にいちずに好きになってほしいと思ってしまうかも!

2人の年齢差に、ともえちゃんの友達・ミカや黒瀬の会社の社長は、2人を心配して反対します。それでもぶれない2人の気持ち。そんな様子を見ているうちに、ミカも社長も徐々に2人の関係を認めるように。「こんなハッピーエンドもありだな」と思わせてくれる良作です。

『未満れんあい』を試し読みする

『娚の一生』

完結『娚の一生』 全4巻 西炯子 / 小学館

もう恋なんてしないと思った、大人の男女のラブストーリー『娚の一生』

主人公のつぐみは、東京の大手電機会社のエリート社員。長期有給休暇で祖母の家に滞在していましたが、入院中の祖母が急死し、そのままそこでしばらく暮らすことに。そんなある日、離れの鍵を持つ海江田という男が現れ、祖母との関係を匂わせて…!?

30代半ばのつぐみは、仕事はバリバリできるのにダメンズとばかり付き合ってきたせいか、結婚とは縁遠いと思い込んでいます。また、50代で大学教授の海江田は、若き日につぐみの祖母に失恋して以来独り身。1人でも生きていけるけどなんとなく寂しい、そんな2人が反発したりじゃれあったりしながら関係を深めていきます。

豊川悦司さんと榮倉奈々さん主演で映画化された際に「足キス」シーンが話題になりましたが、色っぽいシーンをさりげないムードで演出する心憎さがこの作品の大きな持ち味。お互い場数を踏んだ男女だからこそ成り立つ、粋なセリフ回しも刺激的です。上記で紹介した『長閑の庭』の榊教授と同じく海江田も教授なのですが、こちらはちょっと傍若無人でやんちゃな雰囲気。ぶっきらぼうな方言と、強引なのに時々見せる優しさにほだされてしまう女性読者も多いはず。思いが通じ合ってから、つぐみに甘える海江田のしぐさに、年上好きな人は萌えっぱなしになるでしょう。

つぐみが地熱開発で地域の再開発に関わり、リモートオフィスで仕事をしていたりと、女性とキャリアという観点で見ても面白い作品です。仕事の要素が作品の中でいいスパイスになっていて、30代と50代という大人同士の恋愛ストーリーにリアリティと厚みを持たせています。

『娚の一生』を試し読みする

『これは恋のはなし』

完結『これは恋のはなし』 全11巻 チカ / 講談社

寂しさを抱えた少女とスランプの作家が育むピュアラブ『これは恋のはなし』

とある町の古い家に越してきた内海真一は、スランプに陥った小説家。ある日、小学生の遥が真一の家を空き家だと思い、捨て猫を飼うために忍び込んで来ます。面倒くさいことに巻き込まれたくないのに、遥の瞳の強さに心を動かされて庭で猫を飼うことを許す真一ですが…。

少女と男性が描かれた表紙イラストと『これは恋のはなし』というタイトルの組み合わせが衝撃的な作品です。母は心のバランスを崩して入院、父は仕事で海外にいることが多い遥は、いつも大きな家に一人ぼっち。実は、真一も幼い頃に両親が心中し、自分だけ生き残ったという過去を持っていて、壊れた家庭に育つ遥を放っておけず、疑似家族のようになっていきます。

10歳と31歳で出会い、やがて遥は16歳に。10歳の頃から遥は真一に対する恋心を自覚し想いを告げていましたが、この頃はまだ真一にとって遥は同情の対象でしかありませんでした。月日が経つにつれて、大人としての分別を持ちながら、遥への思いを自覚していく真一。時に煮え切らない態度も取りますが、その姿には好感が持てます。タイトルの通り、『これは恋のはなし』なのですが、同時に壊れていた遥の家族と、傷ついていた真一の魂の再生物語でもあります。ラストの2人の幸せな姿にはほっとうれしいため息が出てしまいます。

『これは恋のはなし』を試し読みする

最後に

どの作品にも年の差のある男女が誠実に向き合い、共に偏見や障害を乗り越えようとする姿が描かれています。相手と自分が生きてきた年月が全く違うからこそ、相手をいとおしく思えるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

有名な漫画賞の歴代受賞作を総チェック!次に読むべき漫画はこれだ!2019
有名な漫画賞の歴代受賞作を総チェック!次に読むべき漫画はこれだ!2019
【書店員おすすめ】愛が…重い!一途なヤンデレに愛される漫画12選
サイクリングからロードレースまで!魅惑の自転車漫画おすすめ8選
おすすめ幼馴染漫画12選【恋愛ものから友情ものまで】
『きのう何食べた?』の魅力を徹底解説!再現したいレシピBEST5は!?(ネタバレあり)
思わずホロリ…感動必至の泣ける4コマ漫画おすすめ4選