二世兵士 激戦の記録―日系アメリカ人の第二次大戦―

二世兵士 激戦の記録―日系アメリカ人の第二次大戦―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本人の血を引きアメリカで生まれた「二世」。アメリカと日本、そしてヨーロッパやアジア、太平洋の島々で、二世兵士は日本人の美徳を発揮し、壮烈に戦った。その姿は、米大統領の心をも揺さぶるものだった。米陸軍史上最強の第一〇〇大隊、第四四二連隊、“米軍の秘密兵器”情報語学兵、そして日本兵になった二世、GHQ、朝鮮戦争……。未だ激戦の記憶が生々しい元兵士たちの膨大な証言から浮かび上がる第二次大戦。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2013年01月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
9MB

二世兵士 激戦の記録―日系アメリカ人の第二次大戦― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年02月27日

    アメリカで生きた日本人。これこそ歴史。
    学校の歴史でも使ってもらいたい。

    【コメント】
    第二次世界対戦で、アメリカ兵として戦った日本人のはなし。
    戦場以外でも、差別や偏見などと戦いながら生きていく。
    振り返ってみると、そこには目をみはる功績や歴史的な瞬間に
    立ち会ったエピソードが数多くあった。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月21日

    去年の半ば頃から、太平洋戦争のことをポツポツ知っておこうと思って読んだ本の一冊。
    学校の勉強というのは、戦争についてもっと教えるべきだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月05日

    二世兵士については、その活躍を中心に広く知られているが、ここまでの厳しい事実があったということは、これまで知ることがなかった。
    LA近郊に住んだこともあったが、そもそも日系人、駐在員、留学生のそれぞれが全く別の世界で暮らしているという感じで接点の少ない状況であったこともあり、歴史認識の甘さを今になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月10日

    ●:引用

    ●日本人の血を引きアメリカで生まれた「二世」。アメリカと日本、そしてヨーロッパとアジア、太平洋の島々で、二世兵士は日本人の美徳を発揮し、壮烈に戦った。その姿は、米大統領の心をも揺さぶるものだった。米陸軍史上最強の第100大隊、第44連隊、”米軍の秘密兵器”情報語学兵、そして日本兵になった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月04日

    二世兵士は第二次世界大戦時、アジア戦線だけでなくヨーロッパ戦線や朝鮮戦争でも闘っていたことに驚いた。また、終戦後のGHQの占領行政に、彼ら二世が果たした役割は大きかった。清貧で黙々と生きる明治の精神を持つ一世の生きざまや考え方を引き継いだ二世だから、後世に残る偉業を成すことができたのであろう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月14日

     色々と考えさせられるというか……非常に辛くて落ち込んだ。
     上手く感想なんか纏められないのでボツボツと。

     アメリカ軍に入った兄が、軍艦の上で「すぐに米軍に墜とされるな」と思いながら見送った特攻機には、日本軍に入った弟が乗っていた。後年、更に上の兄からの手紙でその事を知る。
     そんな事がフィクシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年06月28日

    柳田由紀子


    山崎豊子の「二つの祖国」のノンフィクション版って感じ。
    なかなか読んでて辛い場面が多いですネ。
    著者がアメリカの団体「go for broke」の取材に通訳として同行したときのことや二世の方々の著書などから抜粋してまとめたもの。

    二世と一口に言ってもアメリカで生まれ、育ち、そこで戦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング