ホモセクシャルの世界史

ホモセクシャルの世界史

作者名 :
通常価格 1,047円 (952円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界史の中で封印され続けてきたタブー「同性愛」。古代ギリシアから、ルネサンスの禁欲、帝国主義と二つの世界大戦、性意識の増大した二十世紀に花開いた美と多様な価値観。その裏側には、知られざる壮大なホモセクシャル・ネットワークがあった。女性嫌いのルイ13世、英国の同性愛文化の開花、ホモセクシャルの夢の島、ゲイの王国、ホモ狩りの50年代、ナチの同性愛etc.衝撃エピソード満載。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
595ページ
電子版発売日
2012年12月28日
紙の本の発売
2008年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ホモセクシャルの世界史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月28日

    題名と表紙でかなり損してる気がします。ものすごく綿密に書き上げられた世界史の本です。教科書や一般にかかれている歴史の⁇⁇
    と感じたかなりの行間の隙間がこの本で埋められます。この表紙は、硬派な内容のこの作品にはあっていない気がして、残念です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    海野弘さんて、どういう人なんだろう……。
    数年前に購入した彼の本は「千のチャイナタウン」という今はなきリブロポートから出た本で、ちょうど今から10年ちょっと前、香港が中国に返還される直前、自分の中でちょっとしたチャイナタウンブームが起きていた頃だった。その時もいろいろな引用でモザイクのように彩られた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    以前にハードカバーのほうを書店で見かけたとき、えらい背表紙の上部が痛んでいて、かなりの人が手に取った痕跡が見られた。あんたら好きね〜、と思いながら棚に戻した私も同類ですか、そうですか(笑)。
    そんな気になるあの本が、このたびお求め安い文庫になりました!
    私はBL好きではないし、腐女子というわけでもあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月22日

    歯医者で読むのにとても重宝した(笑)映画「アナザー・カントリー」のガイ・バージェスについて改めて読めたのが良かった。映画を見たくなった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    ホモセクシャルの世界史というより西洋史といった感じです。
    古代ギリシアから始められていますが、主眼は19世紀末から20世紀にすえられています。
    そのあたりの文化人の名前に詳しくないので、名前が多く出てきて読みづらかったです。

    だいたい罪とされていた性の問題が、近代から現代にかけて定義付けられ、罪で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ホモセクシャルの世界史 に関連する特集・キャンペーン