キリスト教入門

キリスト教入門

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

信者数が最大で大きな影響力をもつキリスト教は、どんな宗教として発展してきたのか? その歴史や他宗教との違いなどを分かりやすく解説したもっとも腑に落ちる入門書。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS新書
ページ数
223ページ
電子版発売日
2012年12月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年03月14日

    キリスト教徒ではない著者による解説本。キリスト教を客観的に観察、評価している非常に説得力ある本。キリスト教を知りたい方、「ダヴィンチコード」をより深く理解したい方、などにオススメします。なるほど!と膝を叩くでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月09日

    「ないのであれば、そう考えた人間が書くしかありません。」
    という言葉の通り、キリスト教徒ではない人が抱く、素朴で根本的な疑問を分かりやすく解説してくれている。聖書の書かれた順番、イエスは実在したのか、三位一体とはなにか等。信者の人にとっては禁忌?そうでない人には興味の尽きない話ばかりだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    キリスト教を知るには参考になる本ではあるが、宗教学者にしては間違った記述もあり誤解して理解される可能性がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月10日

    文字通りキリスト教の入門書。なぜ日本ではキリスト教が普及しなかったかについての考察が興味深い。欧米人と日本人との考え方の差異は小さくない。グローバル社会で生きていくためには宗教への理解が欠かせない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月08日

    キリスト教に関する一般的な解説に関して,重要な論点は網羅しているが,それぞれについての掘り下げが不十分だ.また,多少誤解している点も多々見受けられる.日本でキリスト教が受け入れられなかったことに関する議論も,かなりぼやけている感じだ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

    日本にいながら様々な場面でキリスト教に私的にも公的にも触れる機会があり、根本的な理解を始めるために本書をとった。

    そもそも聖書における翻訳の問題や、キリスト教における神を大日と表現し、大日如来とほぼ同一視していたことなど非常に興味深い記載があった。

    また、未読ではあるが遠藤周作の「沈黙」に触れな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています