ウェブで政治を動かす!

ウェブで政治を動かす!

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

われわれはいつから「政治」に興味がなくなってしまったのだろうか
政治は、もはや遠い世界の出来事ではない。きみがウェブを駆使して社会を動かせる時代は、もうそこまで来ている! 本書では動員の革命、政治家のSNS利用、ネット選挙、オープンガバメントなど、近年のめざましい動きを追い、「どうせ何も変わらない」という閉塞感を抱えた現代人へ向け、ネット界の寵児が政治への新しいアプローチを説く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
304ページ
電子版発売日
2012年11月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ウェブで政治を動かす! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月18日

    情報技術を利用して政治を日常化し、政策ベースの政治を実現する。というテーマに対して、ネットメディアの第一線で活躍する筆者が豊富な取材に基づいた圧倒的な筆致で迫っている。
    これからの政治、もとい社会のあり方を考える上で、必読の書。
    軽い気持ちで読み始めたが、実現の可能性に久々に興奮させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月07日

     ネットを最も有効に使っているジャーナリストが語るネットと政治の関係性の未来。

     違法ダウンロード刑罰化を巡るやりとりや事業仕分け、橋下徹などのネットを既に活用している政治家達などの実例を挙げ、ネットを政治に活かす可能性や課題を記していく。
     ウェブで政治を動かすということは非政治的な人達が政治に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月18日

    Twitterで有名な津田大介が記述した、文字通り、従来型ではなく、WebのTwitterやSNSなどを活用して、政治を動かしていこうという著書。

    実際の自身の体験を交えた具体例などを元に、Twitterなどが発進となって政治を動かしたことが書かれており、非常に勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月27日

    津田さんの本初めて読んだ。

    希望を失いがちな最近の日本の政治状況。
    でもこの本を読んで希望を感じた。

    トークよりも本のほうが津田さんは絶対いい。

    去年発刊されてるのにもうすごい昔に感じた。
    津田さんが書いてる今を読みたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月28日

    前提として、インターネット選挙が解禁される以前に書かれたもの。そして個人的には、著者は「ネット×選挙」について若干オプティミスティックすぎると感じた。
    まず現状の法案の決定フローにおける問題点(=誰が決定権をもつのかを選出する時点で法案が通る/通らないがだいたい決まる)を指摘。
    次にソーシャルメディ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月03日

    ウェブで政治が動くというタイトルではなくこちらのタイトルになったそうですが、これだけソーシャルメディアが発達してくればネット選挙とかネット政治とかの流れになっていくことは自然なのではないでしょうか。
    古いやり方でななくて、その時代に即したやり方でやってくのがベストだと思うしそんなに不都合だったり悪い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月29日

    アラブで、原発で、ネットを通じてリアルに人々が動く。過去、オバマで、日本で選挙でネットがどのように利用されたのか。さすがに詳しい。いつもツイッターやテレビで見ていた津田さんと違い、その生い立ちを語ったりしているところも面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    流石の津田大介さん、時代の先読みが、ズバリまさに現実化していて、凄いなぁと。ネット選挙化も始動して、津田さんの考える明るい未来を作る政治に期待がかかる。自分も積極的に参加しなければ。他人任せでは理想の生活はできない。
    お父様が、政局関連な方とは。ならではの著者に、今後も注目です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月01日

    僕は大学院でソーシャルメディアを利用した企業活動について研究していたのだけど、公なソーシャルメディアの利用法は政治(政治家)のありかたについてもかなり通じるところがあると感じた。

    政治家の最初の仕事は選挙に勝つことだ。そのためには信頼される必要がある。ソーシャルメディアは有権者の信頼を勝ち得るため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月20日

    人々はメディアの政局報道によって、政治に無関心にさせられてきた。政策にフォーカスを置くともっと関心を持つのでは。そのためにはネットのような新しいメディアが役立つ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています