新暗行御史 1
  • 完結

新暗行御史 1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

遠い昔。東方に聚慎(ジュシン)という国があり、そこには「暗行御史(アメンオサ=あんぎょうおんし)」と呼ばれる隠密要員がいた。暗行御史とは、王の特使として秘密裡に地方を巡り、悪政を糾弾し庶民を救う特殊官吏だ。聚慎が滅んだあと、この暗行御史も消滅したと思われていた。だが実際には、一人の暗行御史が、いまだ浮世をさすらっていたのである。値上げした税金を払わないという理由で、領主から火を放たれた村があった。その村の生き残りであり、村長だった母を連れ去られた少女・ロロは、いつかきっと暗行御史が現れ、自分たちを救ってくれると信じている。そんなロロの前に、頼りがいのありそうな優しい女性の旅人が現れた。ロロは彼女が暗行御史ではないかと期待する。ところが真実は全く逆で、その女は魔女と呼ばれた悪名高い領主だったのだ。絶望の淵にたたきおとされるロロ。しかしそこへ、領主の臣下・文秀が現れた。今まで悪の手先だと思っていた彼こそが、真の暗行御史だったのだ!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サンデーGX
電子版発売日
2012年10月19日
サイズ(目安)
56MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    世界観も絵もすばらしい
    山道が裸同然の格好で戦う戦闘シーンが好きだ
    主人公も大人の男でかっこいい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    全巻読み終わってから、もう一回読み返したときの感動が凄かった…!
    絵が美しいです。

    元述が好きすぎて困る。

    続巻省略。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    王道っちゃー王道な話。いわゆる韓国版の水戸黄門です(笑)。内容は嬉しい騙され方をします!初期が一番好きかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本屋で漫画コーナーがあることに疑問を抱きました。漫画にだってそれぞれジャンルがある。これは絶対ファンタジーコーナーにいくべきものです。絵も素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    強さとは何か
    生きるという意味は何なのか
    そして人間とは・・・
    リアリティと幻想がバランスとれた韓国の最強タッグが送る
    冷静と情熱の間作品!!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    韓国人作家による韓国を舞台にした作品です。時代的には日本の幕末くらい? この作品に出てくる「山道」という少女(剣の達人)がファイブスターのファティマ的雰囲気を持っていて好きなのですが、7巻を過ぎたくらいから話がグチャグチャになってしまって意味不明です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月11日

    全巻一気読み。途中から腰を据えた壮大な物語になっていく。同志が一瞬で散っていく切なさや、悪意に取り込まれた狂気や、それを寄せ付けない芯の強さを堪能できる。韓国の歴史上有名な人などもアレンジしつつ出てくるので韓国ドラマ好きとしては結構楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月07日

    丁寧できれいな絵柄と、ちょっと他にはないピカレスクな魅力に惹かれて、第一巻を購入。
    亡国の後に放浪するムンスに、勇気をもらい、独り身の強さを信じ、組織に安住する危うさを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    魔法物っぽい物語で、原作が韓国の方のせいか、大分これまで読んだことがない感触の漫画でした。

    主人公の過去が回を追うごとにはっきりしてくるので、どんどん入れ込んでいってしまいます。

    絵も相当キレイなので、(その分グロさも、、、)いい感じ。

    まぁ大きな剣やらなにやらを使いこなすすんごい強い剣士(ベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月16日

    最後のほうがちょっともったいなかったなーって思うけど、でも何より主人公ムンスがかっこいいのと、絵が美しい!

    このレビューは参考になりましたか?

新暗行御史 のシリーズ作品 全18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • 新暗行御史 1
    完結
    605円(税込)
    遠い昔。東方に聚慎(ジュシン)という国があり、そこには「暗行御史(アメンオサ=あんぎょうおんし)」と呼ばれる隠密要員がいた。暗行御史とは、王の特使として秘密裡に地方を巡り、悪政を糾弾し庶民を救う特殊官吏だ。聚慎が滅んだあと、この暗行御史も消滅したと思われていた。だが実際には、一人の暗行御史が、いまだ浮世をさすらっていたのである。値上げした税金を払わないという理由で、領主から火を放たれた村があった。その村の生き残りであり、村長だった母を連れ去られた少女・ロロは、いつかきっと暗行御史が現れ、自分たちを救ってくれると信じている。そんなロロの前に、頼りがいのありそうな優しい女性の旅人が現れた。ロロは彼女が暗行御史ではないかと期待する。ところが真実は全く逆で、その女は魔女と呼ばれた悪名高い領主だったのだ。絶望の淵にたたきおとされるロロ。しかしそこへ、領主の臣下・文秀が現れた。今まで悪の手先だと思っていた彼こそが、真の暗行御史だったのだ!!
  • 新暗行御史 2
    完結
    605円(税込)
    旅の途中、文秀が立ち寄ったある都は、大変な数の負傷者であふれていた。手当たり次第に殺戮し、略奪する野蛮な盗賊たち・予刀族に襲撃されたのだ。その予刀族が再度攻めてきた。文秀は、都を守ろうとする若き領主の力になろうとする。だが敵のリーダーを目の前にした文秀はあっさり寝返り、予刀族の一員となるため、領主の頭を拳銃で撃ち抜く。息を飲む民衆たち。だが文秀の真意は別のところにあった…
  • 新暗行御史 3
    完結
    605円(税込)
    文秀の前に「稀代の大魔法使い」を自称する房子(バンジャ)という少年が現れた。イタズラ小僧然とした彼は、なんだかんだと文秀にちょっかいを出すが、結局こらしめられてしまう。そして文秀が本物の暗行御史だと知った房子は、文秀のお供をしたいと願い出るが…
  • 新暗行御史 4
    完結
    605円(税込)
    訪れた町で、軍隊時代の部下だった元述たちに馬牌を破壊され、捕まってしまった文秀。一方、辛うじて脱出した山道は、乙巴素の拷問を受け苦しむ文秀を助けに向かうが、その途中、聚慎最強の剣士・元述と闘うことになってしまう
  • 新暗行御史 5
    完結
    605円(税込)
    旅の途中、奥深い山の中に人家を見つけた文秀たちは、そこで一息つかせてもらうことにした。その家に住む青年は、この近くに人の言葉を話す虎がいると文秀に話す。以前、山の中でその虎に出くわした彼は、食べられることを恐れ、生き延びたい一心で虎に「あなたは魔女の呪いで虎にされてしまった私の兄さんだ」と途方もない嘘をついた。だが虎はそれを信じ、病に臥せっている青年の母のために献身的に尽くすようになる。けれどもその母も亡くなったので、青年は虎に本当のことを告げるべきか悩んでいたのだった。そのまま黙っていた方がいいと文秀が告げたその時、家の近くに来ていた虎が暴れ出し、山道と文秀に向かってきた…!!
  • 新暗行御史 6
    完結
    605円(税込)
    暗行御史の馬牌を作った鍛冶屋を探して七甲山(チルガプサン)を訪れた文秀たち。そこに猟師の格好をした奇妙な老人が現れる。老人からただならぬ気配を感じた文秀が後を追い、彼の小屋にやってくると、そこには数々の鍛冶道具が!さっそく自らの壊れた馬牌を見せ「直せるかい」と尋ねる文秀だが、なんと老人は馬牌を窯の中に放り投げてしまう。文秀が怒ると、老人はそれを見透かしたように真面目な顔になり、傍らにあった剣を構えてみせる。驚くべきことに、それは聚慎滅亡のとき失ったはずの文秀の剣だった…
  • 新暗行御史 7
    完結
    605円(税込)
    平岡の父・七甲山大領主の死を期に、それまで友好的に接していた西洋人が突然城に攻め入って来た。領民の命を楯に統治権の放棄を迫られた平岡は、あまりにも重いプレッシャーに、自らの幻想の世界に入ってしまいそうになる
  • 新暗行御史 8
    完結
    605円(税込)
    活貧党と戦って破れた山道が、文秀の元を去ってしまった。己の強さに自信をなくした山道は、夜な夜な街に現れては、腕自慢の武人やならず者相手に戦いを挑んでいく。そのことは人々の噂となり、かつて山道と引き分けた西洋人の女剣士・マルレーネの耳にも達する。街中で遭遇した二人は、申し合わせたかのように再戦の果たし合いを…
  • 新暗行御史 9
    完結
    605円(税込)
    金海の領主が活貧党に捕らわれた。文秀は黄金がある地下金庫に元述を残し、一人で桂月香率いる活貧党の元へ向かう。そして、桂月香を前にした文秀は「お前は偽物だ」と言い放ち、銃口を向ける。一方、元述のいる地下金庫にも活貧党メンバーが現れ、壮絶な戦いが始っていた…
  • 新暗行御史 10
    完結
    605円(税込)
    船を脱出した活貧党総裁・洪吉童は、房子、金海軍を相手に激闘を繰り広げていた。そこへ活貧党との戦いで溺死状態だった文秀が現れる。両軍とも多大な死者を出していた。その時、目の前で仲間を失った洪吉童は、剣を向けて文秀の懐に飛び込んでいき…
  • 新暗行御史 11
    完結
    605円(税込)
    義賊・活貧党との戦いで瀕死の傷を負った文秀は、死の直前“曼陀羅華の鍼”を打ち、仮死状態に陥る。鍼の効果で、過去に意識が逆行した文秀は、気が付くと幻想の中で山道、房子と旅をしていた。ある村で「嘘つき大会」が開かれることを知った一行は、賞金500両を目当てに、主催者である領主のもとを訪れるが…
  • 新暗行御史 12
    完結
    605円(税込)
    かつて、文秀が聚慎を率いる将軍だったころ。大きな戦争で勝利を収めた文秀は、部下の阿志泰や元述を従えて凱旋し、国王・解慕漱へ報告に来ていた。そこで報酬としての望みを聞かれた文秀は、官位から離れることを志願する。文秀が以前から西洋に行きたがっていたことを知る解慕漱は、彼が国外に渡航できるよう便宜を図ってあげ、文秀は恋人・桂月香を残して船に乗るが…
  • 新暗行御史 13
    完結
    605円(税込)
    “曼陀羅華の鍼”に導かれた文秀の意識が、月香との西洋行に遡ったなかでの出来事。文秀は、持病の悪化した月香を救う魔法を求めて悪獣の屋敷に侵入するが、そこで待っていたのは悪獣よりもっと恐ろしい相手で…?一方その頃、聚慎では解慕漱の不在を狙ってクーデターが勃発し、これを鎮圧すべく阿志泰と元述が応戦していたが…
  • 新暗行御史 14
    完結
    605円(税込)
    “曼陀羅華の鍼”に導かれた文秀の意識は、いまだ過去をさまよい続けていた。その意識の中で、反乱の主導者として聚慎から追われる身となった文秀は、真相を知るべく密かに帰国。再会した元述から、「醜きものすべてを抹消せよ」と貧しき民を虐殺し始めた国王・解慕漱の変貌ぶりを聞かされることになる。阿志泰を介して解慕漱との面談を画策する文秀だったが、なんと元述には阿志泰に関する記憶が全くなくなっていて…!?
  • 新暗行御史 15
    完結
    605円(税込)
    “曼陀羅華の鍼”によって意識だけを聚慎滅亡直前にまで送られた文秀。そこで見たのは、阿志泰の術中に嵌った桂月香が、愛する文秀のために自ら命を絶った光景であった。一方、阿志泰は、言葉だけで人を消し去る圧倒的能力で元述や兵士を絶望させ、自らに屈服させていく。だがそこに現れた文秀には、阿志泰の能力が効かず…
  • 新暗行御史 16
    完結
    605円(税込)
    仮死状態から目覚め、阿志泰との戦いの準備を進めていた文秀の前に、突如その阿志泰本人が現れた!!「月と太陽がひとつになる」数日後に戦おうと告げた文秀に対し、阿志泰は去る間際、自らの味方となった山道が人間ではないことをほのめかす。その言葉に一抹の不安を抱えながら、集まった仲間たちに文秀が語った必勝の戦略とは…?
  • 新暗行御史 17
    完結
    605円(税込)
    余命いくばくもない文秀の前に現れたのは500年前の“伝説”仲孫!その圧倒的な力の前に苦戦するが、突如現れた太儒の師の助けを借り、文秀は先を急ぐ。一方、乙巴素は阿志泰の主力を道連れに自爆する道を選んで…
  • 新暗行御史 外伝
    完結
    605円(税込)
    夜の砂漠をゆく獣医・夢龍の前に、突如空から舞い降りてきた裸の女の子。言葉も話せず、なかなか警戒心も解かない彼女だったが、夢龍が「春香」と名づけた頃から2人は心を通わせるようになる。そんなある日、危険な夜の砂漠に春香がひとりで行ってしまい…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

サンデーGX の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング

新暗行御史 に関連する特集・キャンペーン