震災復興 欺瞞の構図

震災復興 欺瞞の構図

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大震災を口実にした大増税で、いま役所は「祭り」状態! 日本人一人当たりの物的資産は966万円に過ぎないのに、今回の復興財源法では、被災者一人当たり4600万円が使われる計算になる。しかし、これは山を削り高台を作るエコタウン造成など、壮大で時間がかかる計画に浪費されてしまうのだ。精緻なデータ分析を元に、「復興」の美名の陰で進む欺瞞の構図を炙りだし、安価で人々を直接助ける復興策を提示する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
191ページ
電子版発売日
2012年09月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

震災復興 欺瞞の構図 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    「増税は本当に必要だったのか。復興という大義名分のもと無駄な事業が繰り返される「欺瞞の構図」を明解にあぶり出す。」(『週刊 東洋経済』へのコメントを再掲)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月29日

    震災の復興予算に震災とは関係ないことも含まれており、復興費用は6兆円程度で済むことは目からウロコだった。

    財政出動単独の政策がうまくいかない理由についても書かれている。

    政治家、官僚、財界それぞれに不正を犯すインセンティブが多く存在することを実感できる本だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月21日

    筆者の問題意識の出発点は下記だ。
    日本国土の土地代以外の資産は約1,200兆円だ。人口1.2億人で割れば、1,000万円/人だ。今回の大震災の被災者は50万人だ。よつて、全損で5兆円だ。何故復興予算が20兆円必要なのか。
    大震災、原発、消費税増税、そして政府の国民への関与の仕方に興味のある方にお勧め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月15日

    震災復興のためには4兆円の財政出動でいいというのをシンプルに示しています。それが見向きもされない現実こそが、欺瞞の構図。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    復興は復旧か縮小に向かうべき
    直接援助の方が産業復興支援よりよい 償却したものは復興必要か?復興資金を公債調達にする
    再建計画は分権的に建てる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月08日

    ■欺瞞
    1.内閣府は、震災における物的資産の既存額を約16.9兆円としている。だが、日本一人当たりの物的資産の額は966万円、今回の震災で深刻な被害を受けた人が約50万人であることから、毀損額は4.8兆円程度、多くても6兆円と見られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月06日

    昨年の東日本大震災の「復興」の陰に隠れている問題点を経済学者の立場から指摘する本書だが、多くの示唆に富む内容だ。

    著者が問題の第一に掲げているのは震災被害額の算定だ。政府関係の各統計数字はどれも約20兆円規模の被害と算定しているが、著者は日本全体の資産総額(除土地代)1237兆円と被害地域の被害人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています