「大停滞」脱却の経済学 デフレに勝つことが構造改革だ!

「大停滞」脱却の経済学 デフレに勝つことが構造改革だ!

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1990年代以降の「大停滞」については、金融政策の誤りではなくて、日本が構造改革に取り組まなかったからだという説が主流である。しかし、構造論者が、いつ、どのような構造改革を怠ったから日本の実質成長率が低下したのかという問いに、まともに答えてはいない。構造問題説とは、雑多で、内容のない、誤った議論の寄せ集めなのである。本書では、むしろデフレから脱却することこそが、真の構造改革であると考え、金融政策の誤りがいかなる経路で大停滞をもたらしたのかを分析。金融政策とは金利を決める政策ではなくて、物価を決める政策であるという観点に立って金融政策の誤りを検証し、どのように金融政策の誤りをただすかを具体的に提言していく。このままでは3000兆円の日本の富が失われてしまう! すべての原因は金融政策の誤りにある。間違いだらけの日本再生論を排し、徹底した実証分析による正しい処方箋を提示する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
PHP研究所
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

「大停滞」脱却の経済学 デフレに勝つことが構造改革だ! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    ・ハーバードのポルタ教授は49ヵ国をその会計制度によって慣習法である「英米法」「スカンジナビア法」、市民法である「ドイツ法」「フランス法」の4つに分類。資本調整の速度、成長率に大きな影響を与える事を示した。システムがある程度成長を遂げると市民法の国は慣習法の国に比べ、柔軟で無い。

    ・90年代の不景...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています