土星マンション(1)
  • 完結

土星マンション(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

地球全体が自然保護区域となり、地上に降りることが許されなくなった時代。中学卒業を迎えた少年・ミツは、地球の35、000メートル上空で周囲をめぐる、上層・中層・下層からなる巨大な建造物・リングシステムで産まれ育った。卒業と同時に亡き父と同じ職業「リングシステムの窓を拭く仕事」に就いたミツは、父の死に対する疑念を抱きながら、超ベテランのパートナー・仁とコンビを組むことに…

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
IKKI
電子版発売日
2012年10月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

土星マンション(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年05月07日

    地球が全て保護区とされ、上空35000mの上空にまるで土星のリングの様に浮いているリングシステムのマンション建造物の中で人類は暮らしている、と言う設定。居住区の窓拭きを依頼されて窓を拭く組合員のお話。上層・中層・下層と言う生活水準が分けられた世界。
    主人公ミツは、中学卒業と同時に父親と同じ窓を拭く仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月13日

    土星の話なのに格差社会、という未来と過去が混ざったような世界。
    働くひとの悲哀、もういない人を思う心の揺れ動き、永遠に追いつけない悔しさ・・・そんな中での、喜びや楽しみ。繊細な感情がやわらかい絵で表現されていてとても愛おしい。
    最後の巻までマンネリもなく展開されて、飽きることなくいい読後感だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月11日

    たまたま見つけて、SF好きなのでまとめて購入しました。
    設定はどれもこれもとても素敵。わくわくします。
    こういうの、未来にありそう!とか思わせてくれます。
    SF初心者には本当におすすめじゃないかな。
    こういうタッチの絵ってどっちかというと苦手な部類なんですが、むしろこの絵がいいんだ!って思わせてくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    2月22日から始まる文化庁メディア芸術祭の展示の前に、大賞をとったこのマンガが読みたくて買ってみました。

    すごく魅力のあるマンガだと思いました。
    世界観がしっかりしていて、人とのかかわりをほんわかに、しっかりと描いていて、SFではあるけども、素直に受け入れられるマンガです。

    絵の雰囲気もよく、簡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    全1-7巻。ほのぼの、じんわり感動する。カラーページがすごく良い。ラストのミツの笑顔が全てだろうな。この1ページがいちばん好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月01日

    押し付けがましくないSF。

    初めて読んだ岩岡ヒサエ作品。
    1巻の表紙の男の子が逆さまで、
    宇宙には上下ないからかな
    センスいいなーって思って
    目に留まって表紙買いしてホント良かった。

    SFって良くも悪くもなんですけど
    設定ハッキリさせるために
    説明長くなっちゃったりするんですが、
    これは最低限な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月14日

    幻想的な絵。
    独特の画風は一読の価値あり。
    キャラクターたちもすごく可愛い。

    その可愛さと、現実のエグさとがバランスを保ってからみ合って、巻が進むごとに加速します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月22日

    遥か未来、宇宙に浮かぶ土星のわっかのようなマンションに住む人々のお話。主人公はわっかの窓拭きを仕事にするミツ。命がけでやる仕事にだんだん遣り甲斐を感じていったり、窓の向こう側に住む人々との交流によってミツが成長していくってストーリー。あたたかい絵のタッチとほっこりした世界観。だけど生や絆などが描かれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月25日

    これはすごい!まさにすごいの一言です。何がすごいって?それはこの不思議な設定です。正直なところこんな話思いつくなんて、どんな頭してんだろって思います。この作者には世の中が違うものに見えてるんじゃないかって思えるくらいすばらしい。地球にはすでに人が住んでいなくて、その周りに土星の輪のように作られた巨大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月12日

    顔がにへーっとしていて、読んでるこっちもにへーっとなる。
    「お仕事」について考えたりも。
    Tさんにあげた。

    このレビューは参考になりましたか?

土星マンション のシリーズ作品 全7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 土星マンション(1)
    完結
    660円(税込)
    地球全体が自然保護区域となり、地上に降りることが許されなくなった時代。中学卒業を迎えた少年・ミツは、地球の35、000メートル上空で周囲をめぐる、上層・中層・下層からなる巨大な建造物・リングシステムで産まれ育った。卒業と同時に亡き父と同じ職業「リングシステムの窓を拭く仕事」に就いたミツは、父の死に対する疑念を抱きながら、超ベテランのパートナー・仁とコンビを組むことに…
  • 土星マンション(2)
    完結
    660円(税込)
    真の代理で、とある家の窓拭きをすることになったミツと仁さん。その家に住む依頼主は、人前に姿を見せず、パソコン画面を使ってコミュニケーションをとろうとする不思議な人物だった。ある日、ミツは依頼主から思わぬお茶の招待をうけ、仕事後に訪れるが、インターホンに出た老婦人から「呼んだ覚えはない」と言わてしまい…
  • 土星マンション(3)
    完結
    660円(税込)
    上層の依頼主から招待を受け、仕事後に訪れたミツ。だが、彼を待っていたカノコという若い女性依頼主は、いきなりここで一緒に暮らさないか、と持ち掛けてきた。あまりに唐突な話に驚いたミツは思わずその場から逃げるが、翌日もカノコから家に呼ばれ…。再び逃げ出そうとするミツだったが、そんな彼を見たカノコの口から意外な言葉が…。夢には上層も下層もない。でも僕らの世界には、上層と下層がある。下...
  • 土星マンション(4)
    完結
    660円(税込)
    仁さんに命じられた一級技能試験を前に猛特訓中のミツは、疲労困憊から道端で行き倒れてしまう。偶然人の良い夫婦に拾われ、そのままソファーで熟睡したものの、起きたらもはや朝!お礼もそこそこに職場へ出ると、この日も仁さんの厳しい指導が…。そして仕事後、ちゃんとお礼をしようとミツが昨夜の夫婦を訪れると…。同じような場所で同じような仕事を同じような人と、日常の中で僕らは大きな目標を持った...
  • 土星マンション(5)
    完結
    660円(税込)
    市場へ買い出しに来ていた春子さんと偶然会ったミツは、いっしょに「おいしいたまご」を探すことに。たまご好きなタマチにありかを教えてもらおうと家へ出向くと、そこには玉緒さんというタマチのおばあちゃんが!すぐに打ち解けた面々は、自然と亡くなったミツの父と玉緒の主人の話題になり…。仁さんの欠勤から思わぬ形で現場責任者となったミツ。初めてのことに奮い立つも、そのことを快く思わない同僚が...
  • 土星マンション(6)
    完結
    660円(税込)
    地上へ――願いは、眼下の景色へと広がる。ニシマルという研究者に突き動かされ、ソウタの想いを込めた計画は、ついに始動する。地上への下降機、搭乗者にはミツ。それは遠い夢のようなものだった。一方、そのソウタとタマチが勤める工場では、小さな危険が数多くあった。点検業務に携わるタマチは所長に訴えかけるのだが、逆に点検データを改ざんされる憂き目に遇う。絶望すら感じるタマチに、祖母はいつで...
  • 土星マンション(7)
    完結
    660円(税込)
    下層の発電所で起きた火災――それに乗じて動き出した“計画”は、最後、どこへたどり着くのか。地球を眺めて育つ少年・ミツの物語――完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています