子供部屋のシャツ

子供部屋のシャツ

作者名 :
通常価格 544円 (495円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

どうして僕を死なせたの? 赤川次郎の哀しみと恐怖に満ちた、初期の傑作ホラー。優雅に横たわる別荘風の建物の子供部屋には10歳の男の子の写真と、黒く血に汚れたシャツが置かれている。8年前、ジャングルジムの上から転落させ、死亡させた級友たちに、莫大な遺産を受け継いだ母親は復讐を決意する! 母親の復讐に、昔のままのシャツは真赤な血を流し、そして舞う─著者会心の長篇恐怖ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
238ページ
電子版発売日
2012年08月24日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

子供部屋のシャツ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年05月09日

     その昔、初版で読んで、余りにも怖くて手元に置いておけなかった本。
     でももう一度読んでみたくて堪らなかった本。
     今日本屋に行ったら新装版を見付けて、飛び付く様に買い、一気に読んだ。

     前に読んだ時は子供だったし、今読んでも以前の様な怖さは感じないかとも思っていたけど、やっぱり滅茶苦茶怖かった…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月19日

    山に出掛けるときにザックに放り込んだ一冊。たぶん何年も(十何年も、二十何年も)前に手にした本なんだろうな。中身はまるでおぼえちゃなかったけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月10日

    “何だろう?何かが、幸子の記憶に触れたのだ。
    二階に上ると、幸子は、無人の廊下を、見通した。たった今、人がいたのに違いない。気配がある。空気の乱れ、とでもいうべきものが。
    「——どこにいるの?」
    と、幸子は言った。
    自分の声が、びっくりするほど小さく、震えている。——しっかりして!あなたは以前には教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    心理描写がほとんどなく、
    読者の共感を呼び起こさない。

    赤川次郎らしい恐怖小説。

    書き手と、読み手との間にあるのは、
    通勤時間に読める読み物という位置づけしかない。

    社会問題を解決したいのでもなく、
    親の怨念だけを主張しているのでもない。

    子供部屋のシャツが一人歩きしている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています