自殺島 2巻
  • 完結

自殺島 2巻

作者名 :
通常価格 555円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

セイが手にしたもの、それは一張の弓だった。「なぜ生きるのか」その答えを求め、セイはひとり山へと向かう…。衝撃の第2巻!!

ジャンル
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
ヤングアニマル
ページ数
208ページ
電子版発売日
2012年08月24日
紙の本の発売
2011年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2012年08月26日

矢羽の役目とか、弓の歴史とか、うんちくがためになる。
鹿狩りで世界観が変わったセイ。
「命をもらって、僕は生き延びた」
「幾星霜の命の上に立ってる」、の言葉が深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月29日

人間生きるためにいろんな生き物を殺して食べているけど、現代ではそれを感じにくい。

生きるために自ら生き物を殺して食べるという感覚は漫画みたいな感じなんだろうか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月22日

セイが初めて狩った生き物に対し「ありがとう」と、言ったシーンでじわじわきた。
現代人に足りない感情だな、とも。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月21日

森恒二と言えば「ホーリー・ランド」が代表作。非常に内省的で、引きこもりがちな主人公ユウがボクシングを覚え、夜な夜な不良をボコボコにする「ヤンキー狩り」を繰り広げる。暴力と暴力のぶつかり合い、命のやりとりの中で自分が生きていることを実感出来る場所として夜の街が「ホーリー・ランド」とタイトルされている。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月13日

「自殺島」2巻目。
文明に守られていない人体は呆気ない。怪我や風邪がそのまま死に繋がってくる。
都合良く回復し、生き残れるほど甘くない。でも救いがないわけではない。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play