涙はふくな、凍るまで

涙はふくな、凍るまで

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本一不運なサラリーマン、第二の事件! 出張で北海道を訪れたサラリーマン坂田は小樽港で屈強な男たちがロシア美女を追い掛け回す場面に遭遇。手ひどく殴られ停泊していた船に閉じこめられてしまう。救い出してくれたクラープと名乗るロシア人は、命を助けた礼に稚内まで届け物をしろと言い……。今度の相手はロシアンマフィア。シリーズ第二弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
坂田勇吉シリーズ
ページ数
448ページ
電子版発売日
2012年06月29日
紙の本の発売
2012年04月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

涙はふくな、凍るまで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年05月21日

    前作のヒロインが出てこなくてちょっと残念でしたが、新しいヒロインも後半にいくにつれてどんどん魅力的になっていきました。
    前作では大阪やくざが敵でちょっとこじんまりした印象がありましたが、今回のロシアンマフィアの方が大沢さん「らしく」て好きです。主人公も成長していて、ちょっと個性が強くなっててお話とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月15日

    面白いことには変わりないのですが、ロシアマフィアが出てると国内ヤクザとの抗争とワンパターンになりがち。
    前作の方が数段面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月16日

    「走らなあかん、夜明けまで」でやくざ絡みの事件に巻き込まれ、見事解決へと導いた坂田くん、またまた出張先の北海道で事件に巻き込まれた!
    ホント、日本一不運なサラリーマンなのだ。
    坂田くん、本当にどこにでもいるような平凡なサラリーマン。
    なのに巻き込まれる事件は、一庶民からは遠い話ばかり。
    今回はロシア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月29日

    ポテトチップス製造会社の宣伝課社員坂田は北海道へ出張し、小樽でロシア人に追われる美人を助けた。しかし、彼女はマフィアのボスの娘。娘をめぐって、そして麻薬やビジネスを求めて男達が動く。北海道は東京よりもロシアに近い。そこに生きるロシア人やロシア系マフィアが急に身近に迫ってくる。前半は淡々と、後半に迫力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月12日

    主人公坂田勇吉のドタバタ活劇第2弾。
    今度の舞台は北海道。
    対する相手はロシアン・マフィア。
    例によって捕まり、殴られ、蹴られながら、ロシア人美女コーシカ救出に大奮闘。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月21日

    ササヤ食品に勤めるサラリーマン坂田が事件に巻き込まれるシリーズの第二弾。第一弾は舞台が大阪。第三弾の舞台は東京下町。共にドメスティックななあじわいに浸り切る喜びがあるが、ここの舞台は凍りつく北海道で坂田を追い詰めるのはロシア人。肌触りのハードネスではシリーズ最高。でも気軽に再読したくなる度はシリーズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月01日

    “日本一不運なサラリーマン”坂田勇吉シリーズ第2弾。小樽・稚内を舞台にロシア美女、ロシアマフィア、ロシア警察官、日本のやくざ…、が登場する巻き込まれ型サスペンス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月28日

    一言で言えば、つまらなかった。登場人物に感情移入できない。全員がステレオタイプで、薄っぺらい。ストーリーも、複雑なようで、深さがない。ロシアマフィアの中にも、民族の違いでいろいろグループがあるのはよくわかったけど、それと日本のヤクザを絡ませた設定は、設定としては興味深いが、それぞれの動機が薄っぺらい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月22日

    坂田くんシリーズ2作目。前回同様出張先でトラブルに巻き込まれる坂田くんだが、今回の舞台は北海道そしてトラブルの相手はロシアマフィア。ヒロインのコーシカちゃんがもう少し魅力的なら・・。

    今回も様々な対比が物語を形作っている。東京と北海道、一般人とロシアマフィアというのは前作と同じような構図だが、それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月30日

    坂田シリーズ第二弾。
    今度は北海道へ出張し、ロシアンマフィアの抗争に巻き込まれ・・・
    坂田は、やっぱりイイやつだね。ガンバレ~。

    このレビューは参考になりましたか?

涙はふくな、凍るまで の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング