松下幸之助は生きている

松下幸之助は生きている

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

好況よし、不況さらによし――。かつて「経営の神様」とよばれた松下幸之助は、苦境を好機に転じる心がまえについてそう語った。百年に一度といわれる経済危機に、企業は、そして企業人はどう立ち向かえばいいのか。約四十年間にわたる異国でのビジネスを通じ、座右としてきた創業者の智恵ある言葉の数々に、豊富なエピソードを重ねてつづる。前米国松下電器会長による初めての著書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
190ページ
電子版発売日
2012年05月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

松下幸之助は生きている のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    松下について知りたくて読書。

    東北財経大学で客員教授をしているという著者。松下(現・パナソニック)の歴史を学ぶことができるような内容である。

    日本がこれから元気を取り戻していくかの鍵は好む好まざるにかかわらず中国にあるといえる。

    後半に書かれていた日本人の機内での過ごし方の変化は今の日本を象徴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    本書は、松下電器のアメリカ法人元CEOが書いた「自分のビジネス史と、松下幸之助」というべきもの。幸之助さんからじかに薫陶を受けた人にもかかわらず、なぜか幸之助さんファンの私の琴線に触れるフレーズはなかった。残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月05日

    幸之助さんのお客様のため、社員のため、国家のためという考えがひしひしと伝わってきました。幸之助さんが生きていた時代と現在はだいぶ環境は変わっていると思いますが、こういう経営者の下で働きたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング