霧の塔の殺人

霧の塔の殺人

作者名 :
通常価格 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

岩手県の太平洋岸にある小金牛村から盛岡市に行くにはいくつか峠を越えなければならない。その峠の一つ、雲上峠の展望台に、男性の生首が置かれていた。被害者は年商30億に上る食品加工会社などを経営する実業家。地元の名士を残忍なやり方で殺害したのは誰か。村が騒然とするなか、さらには岩手県選出の国会議員への殺害予告が。全国へ厳戒態勢が広がる劇場型犯罪に、殺しの根が見える藤田警部補と、若手新聞記者の一方井が迫る。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB

「霧の塔の殺人」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年02月11日

「不利と思わず、弱者と思わず、ましてや虐げられていると思わず、まず今できることをやる。それしかないからね。そのうちできることも見えてくる。遠回りしてもその先に目指すものがあるって信じるのは、大切なことだと思わないか?一方井くんも、いつかどうしようもなくへこんだ時、希望は捨てるなよ。糸一本でも繋げてお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月13日

ネタバレにならないように簡単に。
序盤から中盤は物語の視点が登場人物次々と変わってめまぐるしく感じるが、終息に向かって?いくと一気呵成に読み進めてしまう、構成力と筆力を感じる。さすが横溝正史賞受賞者作品だ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月13日

前作に続き、地方が抱える問題に追いつめられてゆく人の姿に苦しくなる。一方井さんの軽さが救い。
今作は怪談弱めで、藤田警部補の暴走上司や成一の神出鬼没ぶりなど現実に生きてる人間の方が恐ろしかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!