首挽村の殺人

首挽村の殺人

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 817円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

岩手県にある鷲尻村。長く無医村状態が続いた当地に、待望の医師が赴任した。その直後、彼は何者かに襲われ帰らぬ人となった。巨熊に襲われたと噂される彼の代わりに新たに赴任した滝本。だが、着任早々、彼は連続殺人事件に遭遇することになる。先祖の祟りに縛られたこの地で、彼らを襲うのは熊なのか、それとも──? 横溝正史ミステリ大賞を受賞し、21世紀の横溝正史が誕生と各方面から絶賛されたデビュー作、待望の文庫化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2009年09月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

首挽村の殺人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月21日

    横溝正史テイストたっぷり。だが、さすがに劣化版的なイメージはぬぐえず。現代の僻地問題等、取り込んだ意欲作とは言える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月10日

    面白い。
    酷評される要素が多いことも分かっているが、敢えて言う、面白い。

    冬の東北を舞台に、人々の暮らし、因習、社会問題、想い、
    そういったものをないまぜにしながら物語は進む。
    その、いわゆる「地方」の生活のいい意味での泥臭さのようなものが、
    多少誇張を含んだ形ではあるにせよ、良く描けていたと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    雪深い岩手県のいわくつきの寒村で起こる連続殺人、という横溝ワールド大好きな私にはたまらない設定ですが、横溝正史の作品のようなオドロオドロしさは感じませんでした。現代という時代では難しいのでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    岩手県にある鷲尻村。長く無医村状態が続いた当地に、待望の医師が赴任した。
    その直後、彼は何者かに襲われ帰らぬ人となった。
    巨熊に襲われたと噂される彼の代わりに新たに赴任した滝本。
    だが、着任早々、彼は連続殺人事件に遭遇することになる。
    先祖の祟りに縛られたこの地で、彼らを襲うのは熊なのかそれとも――...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月21日

    21世紀の横溝正史、、、
    確かに雰囲気は横溝正史だと思う。
    「鷲尻村のむかし噺」になぞられた連続殺人事件と赤熊事件が絡み合って展開していくストーリーはテンポ良く引き込まれていく。
    でも犯人に無理があると思う。
    そこが残念だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月19日

    横溝正史っぽいと言えば、確かに良く出来てはいる。熊はアクセントにはなってはいるが、いらなかったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月28日

    岩手県出身の作家のデビュー作。舞台は岩手県西部の西和賀か沢内村がモデルなのだろう。小さな村で起こった赤熊という巨大熊による殺戮と殺人事件。モデルになった所の風景が目に浮かび、臨場感はあるのだが、今ひとつ登場人物の個性が見えて来ない。


    そういえば、昔、奥羽山脈の辺りで、赤首のような巨大熊の目撃が相...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月15日

    高校生の頃、映画化をきっかけとした第一次横溝正史リバイバルがあった。猟奇的な表紙絵付きの黒本が田舎書店の棚を席巻する姿は壮観であり異様でもあった。級友には全作読み切った猛者も居た。21世紀の横溝正史と呼ばれる著者。状況設定は確かに似ているし、東京者の若い医者が異界とも言える岩手の山間僻村に感じる得体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月05日

    横溝正史ミステリ大賞受賞作。
    雪深い山村で起こる連続殺人事件。

    密室などのトリックは出てきませんが
    昔話に擬えての殺され方が横溝正史っぽさを
    醸し出してました。

    それに加えての人喰い熊が怖い・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月17日

    惜しい!惜しいよこれ。
    面白くなる要素いっぱいあるのにもったいない。

    というわけで、どの辺が惜しいと感じたのか挙げてみます。
    解説でも書かれているけど、人物描写が弱いので感情移入しづらい。特に女性キャラ。最終的には が探偵役になるわけだが、それまでの印象が薄いので、えっ、あんたが謎解いちゃうの?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています