世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間──完全無欠な異世界にいました! そこには猫を連れた無口な少女と高飛車なお嬢さま、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。ウサギが箱庭世界のルールを説明しているさなか「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!? そんなこと黒ウサギは頼んでないのですがっ!! 超問題児3人と黒ウサギの明日はどっちだ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!

Posted by ブクログ 2015年07月06日

漫画が面白かったので、原作小説を読んでみました。
テンポがよくて、すっきりするお話なので読んでいて気持ちよいです。

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!

Posted by ブクログ 2015年03月06日

このタイトル、この表紙で、まさか十六夜さんカッケー!な作品とは普通は思わない。もっと早く読みたかった。

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月04日

ライバルが、あんがい小僧で、困ったね。
と思ったらああああ

『絶対悪』登場!

もしかしてだんだんおわりがみえてきた?
なんつーか『俺達の戦いはこれからだ!』エンドが
みえかくれするような…

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚

Posted by ブクログ 2013年07月06日

箱庭という世界でコミュニティを救うために召喚された問題児達が色々なゲームをするラノベの第3弾。
今回は、南で行われる「龍角を持つ鷲獅子」連盟から収穫祭の誘いの序章。

いままで登場人物の過去にあまり触れてこなかったこのシリーズですけど、この巻では十六夜の過去にも迫ります。
こっちに来る前からやっぱり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 十三番目の太陽を撃て

Posted by ブクログ 2013年06月14日

 こういうのをライトノベルというのでしょうか?
 毛嫌いしていたけど割と面白いね。他に良い作品有れば教えてください。

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月

Posted by ブクログ 2013年04月03日

物語が一気に加速する7巻。今までにないバトルの多さ、それぞれの登場人物達の心情、黒ウサギの過去、魔王連盟の本当の目的、そして現れる最強最悪の魔王。8巻が待ち遠しいほどの展開と引き、なのに200pとは濃厚すぎる!幕間のレティシアやフェイス・レスが話していたのがどう繋がるのか。その辺り次巻に期待です。

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗

Posted by ブクログ 2013年03月08日

遂に明かされるのはかつての”ノーネーム”を滅ぼした組織。段々箱庭の全容も判明しつつ、黒ウサギの素敵ウサ耳は戻るの?!

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者

Posted by ブクログ 2013年03月06日

アンダーウッドで開催される収穫祭が主眼になった本作。バトルや謎解きがおおかった4巻に比べて迫力は欠けるかもしれないが、それでも事が色々動いていてとても面白かった。何より黒ウサギが多く出たし、白夜叉様に感謝ですねー←

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚

Posted by ブクログ 2013年03月04日

南区画、”アンダー・ウッド”に向った黒ウサギ一向の物語と、十六夜の過去、箱庭に来る日の事が交互に描かれている本作。一見無関係に交錯する物語は、終盤点と点が結ばれるように箱庭と十六夜達がいた世界を繋げた。なるほど彼女が”ノーネーム”の元参謀。箱庭と彼らの世界はどのように繋がっているのか、その真相に少し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ?

Posted by ブクログ 2013年03月02日

連続して読破した第二巻。おそらくアニメは二巻までのようですが、この巻も情報量が多いにも関わらず、一つ一つ解き明かしていく痛快さが気持ちいいです。飛鳥押し、と思いきややはり十六夜が持って行ってますねwウィル・オ・ウィプスの明るいキャラクター、そしてグリムグリモワールのメンバー達による戦い、黒ウサギ達の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?