口中医桂助事件帖1 南天うさぎ

口中医桂助事件帖1 南天うさぎ

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 628円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸の名歯科医・藤屋桂助が、事件に迫る!口中医桂助事件帖シリーズ第一作!

虫歯で命を失うこともあった江戸時代。庶民に歯の大切さを説き、虫歯で悩む者たちを長崎仕込みの知識で次々と救う口中医・藤屋桂助。幼なじみで薬草の知識を持つ志保と、歯ブラシ・房楊枝職人の鋼次は、ともに力を合わせる若き仲間同士である。が、桂助のまわりでは謎の事件が次々と起こり、得体の知れない大きな流れに巻き込まれていく。続発する謎の事件の真相とは……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年02月17日
紙の本の発売
2005年10月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

口中医桂助事件帖1 南天うさぎ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月31日

    スルスルッと読みやすい捕りもの帳。江戸の町を舞台にお上の悪事を紐解く遠山の金さん系(ただしスマート)でありつつ、根底に登場人物・関係設定にミーハーな部分が見られて(作者はそんなつもりじゃないかもしれないけど)、事件と登場人物の行方との両面から気になるシリーズ物。1章読み切りかと思いきや、1冊を通して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    作品紹介・あらすじ
    虫歯で命を失うこともあった江戸時代。庶民に歯の大切さを説き、虫歯で悩む者たちを長崎仕込みの知識で次々と救う口中医・藤屋桂助。幼なじみで薬草の知識を持つ志保と、歯ブラシ・房楊枝職人の鋼次は、ともに力を合わせる若き仲間同士である。が、桂助のまわりでは謎の事件が次々と起こり、得体の知れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月22日

    最初の事件で残っていた謎が最後にきれいさっぱり片づけられました。桂助・志保・鋼次・岸田各々の人柄が魅力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    面白いシリーズを見つけた。
    江戸時代、虫歯で命を落とす事も多々あるご時世。
    役者さながらの男前な藤屋桂助は商家の出ながら蘭学を修め
    歯痛に苦しむ人々を救うべく「いしゃ・は・くち」の看板を掲げ
    日々奮闘している。
    幼馴染でずば抜けた美貌と賢さを兼ね備えた 志保と
    江戸時代の歯ブラシ、房楊枝職人の鋼次は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月27日

    現代と同じく歯医者は金がかかり、庶民はおいそれと掛かることが出来ず、大道芸人に飛び入りして歯を抜いてもらったりして、むしばや歯槽膿漏が悪化して熱で衰弱して亡くなる人が多かったという江戸時代、呉服屋の長男にして少々変わりものの桂助は蘭学を修め庶民のために<いしゃ・は・くち>を開いています。幼馴染の志保...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    ずっと気になってた小説。たまたま持ってる友達がいて借りた。江戸時代の歯医者さん事情を絡めながらのサスペンス。面白いし興味深い。ドラマにしても面白そう!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月17日

    江戸の歯医者を舞台に、そこに舞い込むさまざまな事件が続くシリーズ第一弾。江戸時代の人たちの「口の中」の事情がいろいろわかって興味深い。現在のような歯科技術がなかった時代歯の治療といったら抜歯ぐらいしか有効手段は無かったし、虫歯が命取りにもなったと聞くと歯医者嫌いとしてはゾッとなるが、ここに出てくる口...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月26日

    長く読める時代物シリーズを探して買ってみた本。
    主人公の「江戸時代の歯医者」という職業が目新しく新鮮。大奥絡みの捕り物帖仕立てのお話もまあ面白い。
    が、主人公ができすぎ。容姿も性格もよくって、女性に好かれるがそういったことには興味が薄い。幼馴染のすごい美人がいて彼女は主人公を好きなんだけど、そんな想...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    またまたシリーズものに手を出してしまった。
    主役の桂助は、なんか爽やか過ぎて・・・どうだろう?
    親友の鋼次は、軽率過ぎて・・・どうだろう?
    友人の志保は、生意気過ぎて・・・どうだろう?
    そんなものを、続けて読もうとしてる私は・・・どうだろう?(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    口中医とは今で言う歯医者さんのことで、江戸時代には医者も歯医者も免許制ではなく、自分で医者だと名のってしまえば開業できたようです。本作の内容は口中医の診療日記などではなく、身近におこる事件を主人公の口中医が謎解きをしながら解決していくという推理もの。 岡っ引きや同心が活躍する話と違って、当時の歯科事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

口中医桂助事件帖 のシリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件
  • 口中医桂助事件帖1 南天うさぎ
    江戸の名歯科医・藤屋桂助が、事件に迫る!口中医桂助事件帖シリーズ第一作! 虫歯で命を失うこともあった江戸時代。庶民に歯の大切さを説き、虫歯で悩む者たちを長崎仕込みの知識で次々と救う口中医・藤屋桂助。幼なじみで薬草の知識を持つ志保と、歯ブラシ・房楊枝職人の鋼次は、ともに力を合わせる若き仲間同士である。が、桂助のまわりでは謎の事件が次々と起こり、得体の知れない大きな流れに巻き込...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖2 手鞠花おゆう
    桂助の前に現れたあでやかな美女の正体とは?! 歯の治療に桂助を訪れたおゆうは、女手一つで呉服屋を切り盛りする、あでやかな美女だった。その後も桂助の元を訪ねるおゆうだったが、ある日起こった火事の下手人として捕らえられてしまう。彼女に好意を寄せる桂助と、それを心配する仲間の鋼次や志保も協力して、おゆうの疑惑を晴らすために動くのだったが……。果たして、おゆうの正体とは! 『口中医桂助...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖3 花びら葵
    桂助出生の秘密と、巨悪の存在が明らかに! 桂助の患者だった廻船問屋橘屋のお八重が、突然亡くなった。そして、橘屋は店をたたむこととなった。その背後に、かつて桂助の家族とも関わりを持っていた岩田屋勘助の存在が浮かび上がる。岩田屋は、汚い手を使って自分の商売を広げていた。そして、桂助の出生の秘密が明らかになる。それは将軍家のこれからをも左右することだった。その秘密をかぎつけた岩田...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖4 葉桜慕情
    桂助の名を騙り人を殺める口中医の正体とは?! 桂助の名を騙った者に治療されて子供が死に、そのあと妻も自害したという武士が、仇を討ちにあらわれた。表乾一郎と名乗る男は誤解だと納得したが、上総屋のおいとが殺され、桂助は捕らえられる。偽桂助の被害はさらにひろがりを見せ、背後に悪の存在が浮かび上がる。果たして、真犯人の意図は何なのか? 今回の第4弾では、熱心に求婚する男の登場で、桂助...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖5 すみれ便り
    女性の死体にはすみれの花の汁が付いていた。 永久歯が生えてこないという娘おてるを診ることになった桂助。彼女は桂助とともに長崎で学んだ斎藤久善の患者で、その見たては間違いなかった。斎藤のところには患者が多数詰めかけ、〈いしゃ・は・くち〉は閑散としていた。そこに、同心の友田からの依頼で、桂助は傷のない女性の死体を診ることになった。すみれの花の汁が付いていたことを見つけ、その真相...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖6 想いやなぎ
    鋼次や志保にも身の危険が!シリーズ第6作 鋼次と〈いしゃ・は・くち〉を誹謗中傷する紙がばらまかれ、房楊枝が返品されてきた。おきわという女性と知り合った鋼次は、彼女に好意を抱き、その店を手伝いに出かけていく。ところが、その鋼次に身の危険が迫っていた。さらには、志保や妹のお房も狙われていく。そのすべてに、岩田屋の影があった。そして桂助は、実弟であることは伏せられたまま、将軍家定...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖7 菜の花しぐれ
    桂助の養父・長右衛門を陥れる岩田屋の罠! 紬屋の太吉が、女房お悦の着物を仕立てるために藤屋に出入りするようになった。不幸にしてお悦は亡くなるが、そんな太吉を妹女房お房は慕うようになる。しかし、桂助の養父長右衛門と太吉の父親である貞右衛門との間には、今まで知らされていなかった過去があった。お房の気持ちを知り、ある日貞右衛門に呼び出された長右衛門だが、行方不明になる。貞右衛門も...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖8 末期葵
    桂助の次期将軍擁立を謀る岩田屋との対決! シリーズ第8作 貞右衛門殺しの容疑で捕らえられた養父・長右衛門。それは、岩田屋勘助の仕組んだ罠だった。岩田屋は自らの権力拡大のため、前の将軍のご落胤である桂助を、次期将軍にして自分の思うがままに動かそうとしていた。養父の命の鍵を握る岩田屋の命じるままに、次期将軍争いを繰り広げる南紀派と一橋派の両領袖の治療にあたった桂助。そして、側用人...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖9 幽霊蕨
    桂助の推理が黒幕の動きを突き止める!シリーズ第9作 食が細くなった岡っ引きの岩蔵親分。それが人に言えない悩みを抱えていることだと桂助は見破った。岩蔵は、四千両を盗んで磔に処せられた御金蔵破りのふたりには、実は黒幕がいるのではないかと気にしていた。そして、桂助を訪ねてきたおまちの、結婚相手の辰三が行方不明になっていた。折しも、全焼した岩田屋の跡には、隠した金を探しに勘助の幽霊が...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖10 淀君の黒ゆり
    藩で起きた殺しの真相解明に桂助は動く! 側用人の岸田正二郎が治療に訪れ、大名家で起きた不可解な事件の調べを桂助に命じてきた。堀井家江戸留守居役である、金井が殺害されたという。金井の両手足には五寸釘が打ち込まれており、なぜか歯にはお歯黒が塗られていた。岸田の知らせで、次いで善石寺を訪れた桂助は、毒殺された女性の骸と白いゆりの花を発見する。これを聞いた志保は、「絵本太閤記」に記...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖11 かたみ薔薇
    新章突入!桂助の回りで次々と犠牲者が! 桂助に平穏な日々が訪れたと思ったのも束の間だった。側用人の岸田正二郎の指示で、桂助は旗本田島宗則のもとから十年前にいなくなった娘の行方を探し始める。一方、岡っ引きの金五の恩人というべき喜八が殺され、金五も足に大けがを負う。そして、手習塾の女師匠ゆりえが殺害される。また、長い間行方不明だった金五の両親が遺体で発見された。さらには、志保の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖12 江戸菊美人
    名歯科医の活躍を描く、シリーズ第12弾! 志保が父親の殺害をきっかけに桂助の元に来なくなって、半年が経っていた。寂しくなった〈いしゃ・は・くち〉だが、歯の治療ばかりでなく、難事件の解決を依頼しに人々は訪れる。  桂助は、湊屋松右衛門から、自分が惚れていたお菊がなぜ突然居なくなってしまい死体で見つかったのか、を調べて欲しいと頼まれた。お菊の親友であるお奈津から、米問屋の山形屋に付...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 口中医桂助事件帖13 春告げ花
    人気書き下ろし時代小説、第13弾!  お待たせしました!人気書き下ろしシリーズ、満を持しての再開です。  江戸で評判の口中医・藤屋桂助の〈いしゃ・は・くち〉には、志保が来なくなって鋼次と二人で施療を行っていた。  ある日、やってきたのが人気浮世絵師の香川喜代麿だった。喜代麿は、“呉服橋のお美”に恋をしているという。そのお美が、茶問屋芳田屋の娘・美鈴であることがわかる。そのお美が写経...
  • 口中医桂助事件帖14 恋文の樹
    桂助を狙う闇の正体とは!シリーズ第14巻!  桂助の治療所の薬草園を荒らした下手人が遺体で発見された。その男の歯を治療したのは田辺成緒という女医だった。彼女の伯父は志保の父・佐竹道順と一緒に殺害されていた。その時、同席する予定だった桂助が治療で欠席し、一命を取り留めていたために、成緒は桂助を疑っていた。  しかし、成緒のもとに脅迫状が届けられ、飼い猫が殺されていた。  一方、岸...
  • 口中医桂助事件帖15 毒花伝
    いよいよ大詰め、シリーズ第15作!  桂助の治療処〈いしゃ・は・くち〉に、骨董屋の隠居、上川屋啓右衛門が看取女の真穂とともに治療に訪れた。その後、実は痛みを抱えた真穂を治療した桂助の処で、彼女が休養することになる。真穂は、桂助の元で手伝いをするようになった。  品川の宿で、簀巻きにされた男の骸が発見された。死体を検分した桂助は、その人物が自分が治療したことのある千住品三郎とい...
  • 口中医桂助事件帖16 さくら坂の未来へ
    大人気シリーズ、ついに感動の最終巻!  横浜の居留地で虫歯の治療に行くという妹のお房の話を聞き、桂助と鋼次も同行していった。そこでウエストレーキの治療を目の当たりにする。エーテル麻酔を使って痛みのないようにし、機械で穴の深い虫歯を取り除いていった。歯を抜かずに残す最新の技術を初めて目にした桂助は、感無量だった。  宿泊先のキングドン商会ではキングドンが殺害され、彼が阿片の密売...
  • 新・口中医桂助事件帖 志保のバラ
    続巻入荷
    明治の世に最新口中医療で桂助が大活躍!  藤屋桂助は、妻の志保、親友の鋼次家族とともに、日本に帰ってきた。アメリカでは歯科のある病院で、当初は奴隷同然の扱いだった。桂助は重度の虫歯である院長夫人の命を救い、桂助の優れた抜歯技術を院長に評価されることで、最新の口中医療を学んだ。帰国の際、足踏み式虫歯削り機を持ち帰る。  帰船中、乗客だった富士山太郎一座の大山かじ花が殺害された。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています