断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに―

断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに―

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた藤間大和は、転校生の東雲静馬に魔術で命を救われて、彼女の家で意識を取り戻す。「って、なんでお前、裸!? せめて隠すとかしろよっ!?」「どうしてこの私が、貴方に気を使わなければならないのよ。貴方こそ気を使って自分の眼を潰しなさい」「おかしくないソレっ!?」 化け物によって起こされている連続殺人を止めるべく、この町に来たという静馬に大和は協力を申し出るが、返ってきたのは冷たい拒絶。それでも大和は静馬を追いかけて超常の夜へ赴くのだが――。第2回GA文庫大賞優秀賞作品登場! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
328ページ
電子版発売日
2012年02月03日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
7MB

断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに― のユーザーレビュー

    購入済み

    おもしろい

    (匿名) 2012年04月27日

    早く次出して欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月17日

    王道学園ファンタジー。
    印象としては、月姫と灼眼のシャナを足して2で割った感じ。

    主人公と妹、ヒロインと兄の関係を微妙に重ねて描いてるのはなかなか上手いと思った。

    全体的に、狙った感満載の中二病描写が逆にアリだった。
    術式とかマナとかの描写はちょっとやりすぎた感もあったけど。

    日常の会話やギャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月26日

    某上条さん好きなら楽しめると聞いて。真っ直ぐでアツい主人公はやっぱり好きです。特に最後の大和のアゲ方はいいなぁ。会話もテンポがよくてグッド。今回はあまり前に出てないサブキャラもそれぞれに濃かったし。次が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

断罪のイクシード のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに―
    巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた藤間大和は、転校生の東雲静馬に魔術で命を救われて、彼女の家で意識を取り戻す。「って、なんでお前、裸!? せめて隠すとかしろよっ!?」「どうしてこの私が、貴方に気を使わなければならないのよ。貴方こそ気を使って自分の眼を潰しなさい」「おかしくないソレっ!?」 化け物によって起こされている連続殺人を止めるべく、この町に来たという静馬...
  • 断罪のイクシード2 ―牙を剥く闇の叡智―
    深夜――藤間大和は一人の少女に出会う。大怪我をしているにも拘わらず、突然襲いかかってきた少女の髪からのぞいたのは、「ねこ……みみ?」大和の反撃を受けて意識を失った少女を一応自宅に連れ帰り、静馬に相談したところ、少女はおそらく「人狼」であり、魔術秩序を乱す「逆十字」の手先であろうと告げられる。一方、大和たちの住む台東市で、魔術的な薬物が蔓延し始めていることも判明。二つの事象が繋が...
  • 断罪のイクシード3 ―神の如き者―
    「大和ちゃんには……もうわたしは必要ないんだね」 夏休み――大和たちは、巨大マリンパークに遊びにきていた。最近なぜか沈みがちな幼なじみの穂波を、不器用ながらも励まそうとする大和。だが、そんな彼の前に、またも魔術の闇に属する人間が現れる。穂波や友人達まで巻きこんで巨大な霊災を引き起こそうとする敵に、大和は真っ向から勝負を挑むが――!? 一方、遊びの誘いを断って神原神社の掃除をしてい...
  • 断罪のイクシード4 ―蠢く双頭の蛇―
    「大和くん。――私、彼らの元へ行くことに決めたの」 白き魔女・東雲静馬はそう言って、一方的に別れを告げた。大和に隠された秘密を知ってしまったがゆえに、彼に理由を告げないまま去ろうとする静馬。そんな彼女を力ずくで止めるため、大和は式刀・破錠を抜き放つ。一方、マリンコスモスの悪魔化が解除され危機を脱したかに見えた枩原市は、新たな脅威に見舞われていた。展開した護国課や鬼兵隊の前に新...
  • 断罪のイクシード5 ―相剋の摩天楼―
    時の王権アイオーンを操る漆原に完膚無きまでの敗北を喫した大和は、去っていく静馬を止められなかった。そんな彼に妹のましろから告げられた、自分の内に眠る魔王という存在とそれが引き起こした悲惨な過去、そして魔術の闇などとは無縁であってほしいと願った、大切な人たちの想い。だが、それらを知ったうえでなお、大和は決意する。静馬を取り戻すため、再び戦いに赴くことを。魔界への門を開かんとす...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています