海空りくの一覧

「海空りく」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:海空りく(ミソラリク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1987年
  • 職業:ライトノベル作家

2010年『善意の魔法』で第2回GA文庫大賞優秀賞を受賞、『断罪のイクシード -白き魔女は放課後とともに-』と改題してデビュー。その他作品に『彼女の恋が放してくれない!』、『落第騎士の英雄譚』などがある。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2023/09/15更新

ユーザーレビュー

  • カノジョの妹とキスをした。4

    とても良く作品でした。

    非常に良かったです。どのような最後を迎えるのか気になっていましたが、読んだあとはこの三人のラストならこうなるとしか思えません。愛とは何なのか考えられる作品でした。
  • カノジョの妹とキスをした。4

    良い意味でこのラノベやばい !

    今まで読んできたラノベのなかでこの作品は一番ヤバかったです!!読んでいて色々な感情が湧き出て何がなんなのか頭が混乱しましたね!w
    特に最後は凄かったです!ひろみちと晴香お互いやっと本音でさらけ出して、このまま皆それぞれの道へ歩んで行くのかと思ったらの急展開でとてもビックリしました!!まさかのあぁなっ...続きを読む
  • カノジョの妹とキスをした。4
    博道と晴香が、お互いの気持ちがすれ違っていることに気づいていて、それでも騙し続けて表面の付き合いをしていたことが何とも歪んだ関係なのか。

    そしてラストでは、晴香の記憶が戻らないことにより、区切りをつけたはずの博道の決意が無駄になり、大人になっても時雨の前でだけ気持ちが楽になれる。解放されて心の底か...続きを読む
  • カノジョの妹とキスをした。4

    読んでみる価値はある

    3人が執着と葛藤の末、何かを犠牲にそれぞれの「愛」の形に辿り着く。側からみれば歪で曖昧なものかもしれないが、紛れもなく一つの「愛」の形。
    きっちり評価が割れるであろう結末だとは思いますが、作者が敢えてこの終わりを選んだのだとすると、私は表現者として素晴らしいと感じました。
    是非とも読んで考えてほ...続きを読む
  • カノジョの妹とキスをした。4

    一つの究極の純愛

    前半読み終わったあたりで、余りの急展開にナイスボートな作品みたいになるのか?とゾクッとしてしまいましたが、あそこからのカウンターで大団円に落とし込んでからの、記憶喪失と共犯者エンド…最後ま読み終わって鳥肌が立ちましたね。この作品はすごいです。新しい失楽園だなと思いました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!