皇族誕生
  • 値引き

皇族誕生

作者名 :
値引き価格 477円 (434円+税) 5月13日まで
通常価格 682円 (税込)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

明治維新でなぜ皇族は急増したのか? 戦後、11家が皇籍離脱した「宮家」は、江戸時代には4家しかなかった。500年以上も遡らなければ天皇とつながらない人々は、なぜ「皇族」になったのか。明治天皇の意図、伊藤博文の狙いとは。徳川方についた北白川宮、首相になった東久邇宮、南京事件でGHQに尋問された朝香宮など、知られざる皇族たちの素顔を浮き彫りにし、皇族制度の誕生から消滅前夜まで、日本近代史の裏側に迫る!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2011年10月
サイズ(目安)
4MB

皇族誕生 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年10月29日

    作者は近代の皇族・華族に関する著作を多く手がけ、本書は同名の単行本の文庫化。
    国家の藩屏としての皇族達がどのように拡充され、また特に旧日本軍においてどのように優遇されてきたかが如実に表されており、勉強になる本です。
    制度を作る側にあった伊藤博文ほかの元老たちの苦悩、あるいは高松宮殿下が軍隊にあって自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月04日

    明治維新後に新しく作られた宮家に関してのノンフィクション。全体としては皇族による明治、大正、昭和史といった趣になっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月03日

    事実の分析のためだろうが、やたらに事実の羅列が多く、読みにくい。
    最終章も、結局東久邇宮の経歴をつらつらとならべただけで、何を主張するためのものかが分からない。

    事実の集積としては立派か。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています