横井小楠―維新の青写真を描いた男―

横井小楠―維新の青写真を描いた男―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

勝海舟曰く「おれは今までに天下で恐ろしいものを二人見た。横井小楠と西郷南洲だ」。日本史の教科書でもろくに取り上げられず、幕末もののドラマで登場することもほとんどない。しかし小楠こそ、坂本龍馬や西郷隆盛をはじめ、幕末維新の英傑たちに絶大な影響を与えた「陰の指南役」であった。早くから現実的開国論を説き、東洋の哲学と西洋の科学文明の融合を唱え、近代日本の歩むべき道を構想した鬼才。その生涯を追う。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
206ページ
電子版発売日
2012年01月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

横井小楠―維新の青写真を描いた男― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年07月12日

    [維新の光る脇役]西郷隆盛と並び,勝海舟に「恐ろしい」と評された男・横井小楠。維新の物語において欠かすことのできない青写真を描いた人物として,横井小楠の足跡をたどる一冊です。著者は,熊本県出身の日本史研究家である徳永洋。


    「種を蒔いた人」というのが本書を読んで受けた横井小楠に対する第一の印象。維...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月02日

    本来なら革命側に立脚する横井小楠の思想が龍馬や西郷に影響を与えたのは言うまでもない。それが、松平春嶽や勝海舟といった佐幕側の大物まで薫陶を多いに受けている。いかに小楠の存在が大きかったかが窺える。左翼・右翼を鯨飲してしまう大きな思想。外敵に対抗するためには、幕府とか藩という尺度の対策では到底日本に勝...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月31日

    開国・攘夷で騒いでいたころに、共和制の導入という考えはともかくも、日本は、西洋技術と東洋思想をもって世界から戦争をなくす役目を国際社会で果たすべきと考えていた人がいたことに驚く。松平春嶽のブレーンであり、勝海舟や坂本龍馬、吉田松陰、西郷隆盛、大久保利通らが感化したのも当然か。武力倒幕には組せずとも、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月11日

    武士として残念だったために、評価が低い横井小楠。
    地元民の私も、ほとんど知らなかった。

    今の世なら「ヒキコモリで酒乱なんだけど、ネットでいろいろ調べて、政治を語らせたら途轍もなくスゴイ人」という感じ?
    こんなすごい人物だったとは。読んでよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月20日

    勝海舟や坂本龍馬、松平春嶽らに影響を与え、明治維新への道を開いた横井小楠の小伝です。在野の小楠研究者である著者が独自に入手した史料も紹介しながら小楠の歩んだ足跡をたどるとともに、開国と実学と共和政治という言葉で特徴づけられる彼の思想を分かりやすく解説しています。

    海舟、龍馬から中江兆民、幸徳秋水へ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月18日

    幕末の幹になる人物、横井小楠の生涯を、その歴史的な役割も含めてコンパクトに整理がされている。著者自らが調べた史実に基づく考察もあり興味深い。
    また、越前藩主松平春嶽なくしては横井小楠なし。春嶽の功績も大きいものだと改めて悟った。

    以下引用~
    ・「おれは、今までに天下で恐ろしいものを二人見た。それは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月04日

    内容(「BOOK」データベースより)

    勝海舟曰く「おれは今までに天下で恐ろしいものを二人見た。横井小楠と西郷南洲だ」。日本史の教科書でもろくに取り上げられず、幕末もののドラマで登場することもほとんどない。しかし小楠こそ、坂本龍馬や西郷隆盛をはじめ、幕末維新の英傑たちに絶大な影響を与えた「陰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング