モナ・リザは高脂血症だった―肖像画29枚のカルテ―

モナ・リザは高脂血症だった―肖像画29枚のカルテ―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

多指症で劣等感に苛まれていた秀吉、急性驚愕反応に襲われた家康、バセドー症の信長、ジャイアント馬場顔負けの巨人である宮本武蔵、重度の糖尿病だった藤原道長、男性型脱毛症に悩むセザンヌ、アレクサンダー大王は筋性斜頚、ミロのヴィーナスの外反母趾、「四谷怪談」お岩は上顎癌だった――。歴史上の人物たちを、残された肖像画をもとに、現代医学の見地から診断してみれば、アッと驚く素顔が見えてくる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
206ページ
電子版発売日
2012年01月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

モナ・リザは高脂血症だった―肖像画29枚のカルテ― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    モナ・リザが高脂血症で、ヴィーナスが外反母趾なうえに水虫で、織田信長が高血圧で、藤原道長が糖尿病で後白河法皇がカラオケ症候群で西行法師が児童虐待しててお岩さん(四谷怪談)が上顎癌でドラキュラ伯爵がポルフィリン症!!?
    「肖像画を医学的見地から推理する」というテーマで、整形外科医師にして時代小説家・篠...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    肖像画はありのままの姿を写す。
    一見どうでもいいようなことが,意外と被写体の健康状態を表してる。
    な〜んてこともあるみたいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月23日

    [ 内容 ]
    多指症で劣等感に苛まれていた秀吉、急性驚愕反応に襲われた家康、高血圧症の信長、ジャイアント馬場顔負けの巨人である宮本武蔵、重度の糖尿病だった藤原道長、男性型脱毛症に悩むセザンヌ、アレクサンダー大王は筋性斜頚、“ヴィーナス”の外反母趾、「四谷怪談」お岩は上顎癌だった―。
    歴史上の人物たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月29日

    お医者さんが歴史的絵画を観ると、こんなに面白い見方ができるんだー!

    でも、女性の裸の画で胸に不自然な凹みがあったのは、
    この私が観ても「あれは、乳がんじゃないか?」と分かった。

    新書はタイトルから入るのも全然アリです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白い内容だと思う。しかし、「そりゃ無いだろ」と思ってしまう部分も無きにしも非ず。
    でも、過去のエピソードや、絵画のみで憶測するのだから、そういう解釈もありか、と無理やり納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月22日

    読書録「モナ・リザは高脂血症だった」3

    著者 篠田達明
    出版 新潮社

    p98より引用
    “綱をぐるぐる巻きにした上に座る道真は目を
    みひらき、歯噛みしていきどおる。一方の手に
    にぎりしめた笏を他方の手で抑えつけ、全身に
    怒りをみなぎらせる。いまにもぶちぎれそうな
    生々しい画像である。”

    目次より...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     一枚の肖像画を元にその人が何の病にかかっているかを解き明かすシリーズ者を一冊の本にまとめたもの。すごくまじめに仕事しておられる。がんばって絵を見て、がんばって病状を探し、がんばって診断を下しておられる。すごく好感が持てる。しかも「ゆっくりとご笑覧あれ」とユーモアたっぷりだ。いい人だー。すごくいい人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    名画名将名人の知られざる健康状態が今!!解き明かされる。という感じです。
    へ〜そうなんだ〜、としか言いようが無い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    症状が芸術に反映されたと考えられるものと、芸術から似たような症状が連想されるもの、この両者の書き分けをきちんとして欲しかった。
    その点を除けば、素人目には十分楽しめる本だったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング