日本史有名人の身体測定

日本史有名人の身体測定

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

西郷隆盛、足利尊氏、平清盛は約180cmで、高杉晋作、徳川家康、源頼朝は160cm以下! 身長と体重、持病と死因から見えてくる、歴史人物の生活習慣と人となり。斬新な視点から、歴史の真実を解き明かす!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2016年03月01日
紙の本の発売
2016年02月
サイズ(目安)
16MB

関連タグ:

日本史有名人の身体測定 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    日本史に名前を刻む人物132名の、身体の状況を推測する内容。
    ・はじめに・・・身体計測は、遺体の計測の他にも様々な方法で。
    第1章 古代・奈良時代・・・ヤマトタケル、聖徳太子など、7名。
    第2章 平安・鎌倉時代・・・藤原道長、平清盛、源義経など、14名。
    第3章 室町・安土桃山時代・・・足利尊氏、織...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

     歴史上人物の体格がわかると思い浮かべるよすがになる。江戸時代は小さい。西郷隆盛は180㎝110kg(二代目若乃花とほぼ同じ)体だけで威圧感あるが態度は謙虚で背を丸めるようにして話したという。小村寿太郎は162㎝欧米外交官に比べると小さいが(しかも貧乏で割勘を払わず逃げるが常習)度胸は大きく、日英同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月27日

    日本史に出てくる有名人の身体測定記録と簡単な略歴。
    着想が面白い。
    簡単な日本の歴史も学べて一石二鳥な感じ。
    ゴロデラで紹介されていたので読んでみた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月07日

    読書録「日本史有名人の身体測定」4

    著者 篠田達明
    出版 KADOKAWA

    p107より引用
    “ 江戸前期は食生活が質素で武士も玄米を
    常食とした。家治の時代になると町民たちは
    白米飯を腹一杯食べねば満足せず、江戸城台
    所も精白米しか買い入れなかった。このため
    脚気患者が多発した。”

    目次から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング