会計士マリの会社救出(秘)大作戦!

会計士マリの会社救出(秘)大作戦!

作者名 :
通常価格 1,031円 (938円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

地味で目立たない公認会計士のマリ。母親からの連絡で双子の妹・ルリが失踪したことを告げられる。ルリは女性ファッションブランド『RURI』のカリスマ社長だった。社長失踪に困惑する家族、そして幹部たち。彼らが考えた妙案、それは「姉のマリを代役社長にする」ことだった……。会計士として、代役社長として、マリは社員や取引先、銀行にバレずに会社を救うことができるのか!? ストーリー形式で学ぶ会社経営の基本書!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス資格
出版社
すばる舎
ページ数
240ページ
電子版発売日
2012年04月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

会計士マリの会社救出(秘)大作戦! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月21日

    会計の基本的な知識があれば目からうろこの情報が満載!!

    最初読んだときは?の部分が多かったけど、会計と財務の違いなどが良くわかりました。会計は保守的に利益を見積もることで投資家に不利にならないようにするなど、「理由」も書かれていた点がgood!!
    「会計は費用が早めに計上で、税務は費用を遅めに計上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    軽い表紙と内容だと思い気軽に読んだが、
    読んでみると内容が面白く勉強にもなった。

    資金繰りに焦点を当て、
    在庫管理や引当金、減損等との税務の関係、
    経理の大切さなどが描かれている。

    実際の現場で会計の知識をどう活かすか。
    下手に固い会計本を読んで挫折するよりも、
    実践的で読みやすい本書で概略をつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月25日

    この本を新幹線の中で読みましたが、最後のページを読み終えた時は「あれ、もう終わり?(笑)」と感じてしまいました。
    普段会計や監査の内容の本となると、どうしても参考書的な感じになってしまいますが、この本の内容はとても斬新で、会計に関する基礎知識を会社の経営や、恋など、身近に感じるものと融合していたため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月22日

    できるビジネスマンになりたい方には、
    『もしドラ』よりも、こちらをお奨めしますね…。

    でも…、やっぱり、『もしドラ』を読んでも、
    こちらを読まれる方は、少ないんだろぅなぁ…。
    その辺の理由は、本文中にも散りばめられてるし、
    それを理解することが、ビジネスに成功する秘訣なんですけどね…。 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月11日

    会計の本というよりも、小説として読み進めてしまいましたw
    たまに会話の中に出てくる会計の専門的な話にはついていけませんでしたが、まじめで一生懸命なのに「味気ない」「前のほうがよかった」と、面白みにかける人間だという点に悩んでしまうマリに共感を覚えざるを得ません。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    毎月少しずつ読んでいる会計本。
    今回は肩の力を抜いて、
    物語でお勉強できる内容の本にしてみました。

    会計の勉強が物語で
    楽しみながら学べるという意味では、
    非常に読みやすい作りになっており、
    とても勉強になりました。
    物語の中身は(一般的な小説と比べると)中途半端なのですが、
    そこはまぁ本の性質上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月29日

    簿記を少しかじったことのある人向けかな。
    会計と小説という組み合わせは女子大生会計士がすでにあるけど、まだまだ珍しいのかな。それだけに新鮮味があったけど、物足りなさもあった。
    処女作なので次回作に期待です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています