島耕作に知る「いい人」をやめる男の成功哲学

島耕作に知る「いい人」をやめる男の成功哲学

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

集団のなかで「いい人」を演じて楽に生きても、残るのは後悔だけ。他人に好かれても、自分に嫌われる「いい人」など大して意味がない。しかも、実は自分の思うがままに生きたほうが、人間関係も、より円滑になるのだとしたら!? 周囲の評価にこだわらず、誤解を恐れず、打算も計算もなく行動しても、なぜか成功する男の秘密に迫る!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年12月22日
サイズ(目安)
4MB

島耕作に知る「いい人」をやめる男の成功哲学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年01月19日

    いい人 である必要はない。 ぶっ飛び過ぎたらそれもそれでダメだけど、自分のダメなとこを笑えるくらいの抜け感は必要だね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月04日

    「まぁ、いいか」はやめることだ(p.117)
    いやなことや納得できないこと、そういうものを丸呑みにしないことだ。(p.140)
    率先して休め(p.172)

    など、私の苦手としていることが満載でした。そうありたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月05日

    かなり大胆に「いい人」を批評。全部そのまま実行すれば危険な気がするが、耳が痛いことも事実。回りの雰囲気に合わせすぎて疲れている人にオススメ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    僕もやめたい!!

    漢になりたい!!

    てな感じで読んだ本

    自己啓発的じゃなくて普通に面白い!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    「怒りを忘れるな。いい人になったって、人生は退屈なだけだ」 自分の中の70%は「石」だ。そして30%は「風」だ。反撥はんぱつ 押しつけがましさが微塵も無い 人の心や状況に長居しない
    おもねる【阿る】 人の気に入るように振る舞う。へつらう。「上役に―・る」へつらうこびる取り入る(とりいる) 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    幸福の正体は幸福感。
    人がどう思おうと、
    自分が気持ち悪くない道を歩め、
    ということ。

    「いい人」批判は、芥川の侏儒の言葉の「善人」を思い出させるが、より辛辣。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    今年の夏、ケータイを新しくしてから、プッツリと本を読まなくなった。
    理由は、ケータイに付いているオセロゲームにはまっていたから。
    電車の中が、読書タイム。 その時間にケータイ片手にオセロと格闘した。
    初級を難なく制覇し、中級でも確実に勝てる方法を身につけたが、どうしても上級ではケータイに勝てない。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月17日

    p163
    「いい人」ほど人の気持ちを逆撫でするというのは、どんなに物わかりの良さそうな顔をしていても自分の保身しか頭にないからだ。他人の痛みや怒りがわからない。わかったふりはするからよけいに逆撫でする。

    p219
     「いい社員」は失敗などしないのか?
    しない。小さな失敗はするかもしれないが、それは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月14日

    「生きていてつまらなく感じたり、後悔したりするのは『いい人』の枠にはまって、自分に嘘をついて生きているからだ」ということを、いろんな言い方でひたすら語った本。内容はまとまってなく、言いたい事を並べている印象。鬱々した気持ちの時に、気晴らしに読むには良いかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月10日

     会社のかえり、課長島耕作の絵柄の文庫本が、駅の書店に平積みされてあった。

     任せてもらってる仕事、引き受けてくる仕事、やりたいことなど、重なっていることはいいことなのだが、オーバーすぎているのではと思っていたりしていたので、この本を手に取り、レジーに並んだ。

     人生には30%の闇がある。闇=見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています