21 twenty one

21 twenty one

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

二十一世紀に二十一歳になる二十一人。中学入学の日、クラス担任の先生が発見したその偶然が、僕たちに強烈な連帯感をもたらした。だが卒業して十年後、その仲間の一人が自殺した。僕たちに何も告げず。特別な絆で結ばれていると信じていた人を突然喪った時、胸に込み上げる思いをどうすればいいんだろう。“生きていく意味”を問いかける感動作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2011年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

21 twenty one のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月04日

    21世紀に21歳になる21人のクラスメイト。その中のアイドル的神がかった美少年が自殺する。自分のせいだと思うクラスメイトたち。というお話。

    最後の、自殺の動機はそんなこと???って思いかけたけど、なにがその人にとって重大なものであるかなんて人それぞれなんだし。むしろその視点を失わずに人と接していき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月17日

    中学の仲間の死と、自分の心の闇の告白と、原因の推測と、のストーリー。
    自分の中学時代はこんなリア充ではなかったので、こんなのだったら楽しそうだな、という気持ち。
    あとは、心の闇は、勝手に推し量ることはできても、きちんと分かり合えることはできない、という当たり前の感想。
    面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月23日

    誰でも他人からは見えない苦しみや、傷を抱えて生きているってことを、改めて思い起こさせる話しだった。
    そういう意味では、すごくリアルで少し重たい内容ではあった。
    でも、それでもLife goes on!なわけで、21のメンバーたちと同様、これからもこの先も精一杯、それぞれの人生を生き抜いて行くことが大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    小路さんの人と人の情や絆の描きかたはそのままに、痛みや重さもある作品でした。

    ちょうど今の自分と同じ年代の子たちの話で、しかも私の場合も中学時代(人数は何倍もいたけど)割りとみんな穏やかで良い学年だったから、物語に共感を覚える点が多く、一気に読みました。

    大人になってから行った、中学の同窓会で感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月21日

    少路幸也さんは、とても好きな作家さん。
    とても甘酸っぱい気持ちにさせると共に、悲しい話だった。
    自分は今年40歳になったが、20歳頃に読んだら違う感想だったりするかなあ。若いってすばらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月27日

    クラスメイトが自殺したという衝撃的な事実が、残された人物の‘生’を浮かび上がらせていく。
    順々に視点が代わり、その人物の人生にスポットライトがあたる。
    連作短編のおもしろさが感じられる一冊だ。

    人はみんな秘密を抱えて、それを誰かのために必死に隠して、いろんなものと戦いながら生きていくんだと思った。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月06日

    せつない。
    仲間意識が強いほど、もしかして、自分は違うかも…みたいに疎外感を感じるものかも。
    それはあくまでも主観だから、本人が疎外感を感じれば、それはもうそうなわけで⤵
    強すぎる絆も時には人生の弱点になるのかな〜。
    小路さんの本は大好きだけど、これは悲しくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月07日

    何が原因だったのか気になって一気読み。それぞれに思い当たるフシがあって引き込まれてた。
    ラストもよく良かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    とても仲のよかった21人の同級生。その中の一人が自殺し、その理由は何かを考える・・・という流れでは、辻村深月を思い出したが、辻村深月が闇を描く印象があるのに対し、こちらは常にどこかに光があった気がする。
    とはいえ、決してすっきりとできるような話だと言い切ることはできない。
    それは人が一人、自ら死...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月07日

    決して順風満帆とはいえない人への優しい目線が溢れる作品を書くことが多い小路氏ですが、今回はいつもに増して他人へのいたわりを感じる一冊です。本筋からはちょっと逸れる各章のエピソードも彼らの人柄やクラスの雰囲気を表わすのに上手く効果を発揮しており、一つ一つがとても丁寧に書かれていると感じます。
    読んだ時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています