―新書で入門―宮沢賢治のちから

―新書で入門―宮沢賢治のちから

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

フリーター、自分探し、パラサイトシングル、「シスコン」――。「雨ニモマケズ」や「銀河鉄道の夜」、あるいは絵本や教科書で出会った童話や詩を通じて、日本人にもっとも親しまれてきた作家の一人、宮沢賢治。その人生には、現代のこんなキーワードがあてはまる。この「愛すべきデクノボー」の謎多き人物像と作品世界を、若手女性研究者が、数々の意外なエピソードと特異な感覚のちからに注目しながら読み解いていく。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
シリーズ
―新書で入門シリーズ
ページ数
190ページ
電子版発売日
2011年12月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

―新書で入門―宮沢賢治のちから のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月11日

    宮沢賢治という人を知るための入門書として最適だろう。
    また、既に詳しく知っている人でもきっと新しい発見に出会える本だとも思える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月22日

    [ 内容 ]
    愛すべきデクノボーの謎多き作品と生涯。
    フリーター、自分探し、パラサイトシングル、「シスコン」-。
    「雨ニモマケズ」や「銀河鉄道の夜」、あるいは絵本や教科書で出会った童話や詩を通じて、日本人にもっとも親しまれてきた作家の一人、宮沢賢治。
    その人生には、現代のこんなキーワードがあてはまる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月08日

    この夏、花巻で羅須地人協会を訪れたことで手にした一冊。薄い新書に濃い宮澤賢治の一生が早送りで繰り広げられています。それがコマ落としの映像のようなユーモアを感じさせるのは常に熱狂し常に困惑し常に失敗をし続けたその動きの多動性にあるのかも。そう、圧倒的に現実に向き合うことを求め続かながらも一度も現実と噛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宮沢賢治の詩や童話はたいていの人が知っているが、その全体像はなかなか摑みにくい。

    新潮新書の「新書で入門」シリーズは初めて読んだが、簡潔で要を得ている。

    五感が鋭い人でしばしば共感覚をも思わせる。また第六感も優れていた。エピソードとしたら賢治の理想の女性像が妖精のような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月07日

    宮澤賢治本。五感・六感の持ち主。めっちゃストイック。お金持ちで、父との確執があって。妹が大好きで。作品の幻想的な世界観とはまた別の姿が知れて面白かった。弟の清六さんが売り出していたのは知らなかった。宮澤賢治のこと、いろいろ読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月31日

    農業への思い入れ、父親との関係、賢治の死後に弟がプロデューサー的役割を果たしたことなど、宮沢賢治の生涯が簡潔にまとめられている。

    中学卒業後は家業を手伝っていたが、父親に上級学校の受験を許可され、盛岡高等農林学校に合格した。口頭試問では、「日本の人口はますます増えて米が足りなくなる。よい米をたくさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月23日

     教科書で呼んだ「永訣の朝」が忘れられません。妹トシとの別れが、全世界へと押し広げられます。「わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ」という自己犠牲の果てにあるこの最後の1行に、幼いながらに震えたものでした。

     この本は宮沢賢治の入門書になっています。今書いた自己犠牲の精神の話から、超越した感覚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

―新書で入門―宮沢賢治のちから の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング